大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:野村万作 ( 3 ) タグの人気記事
夏の能 セルリアン能楽堂 友枝さんの班女と通小町
このところ、すっかり能の感想を書いていない。
頭の中はすでに忘却100%。セルリアン 能楽座 ダイナース能と3回も行っていたのですが。

ひとまず見に行ったものを書いておこうと思う。

●恒例真夏 7月セルリアン能楽堂の友枝さん2本建て
7月26日@渋谷セルリアン能楽堂

いつもながら真夏の昼間と夕方の番組にご出演。
それも第一部が終わって、30分もしないうちには二部の開場。
観ているこちらでさえ、頭の切り替えができないのに・・
友枝さんという方のすごさを感じる一日だ。
毎年、私はというと、熱暑の中に到着し、突然の冷蔵庫のような地下の能楽堂に入り、
どーんと沈没してしまうのですが、今年はなんとかもちこたえました。

解説は馬場先生。
馬場先生はいつもお若い。解説に知っていることを情熱を込めて、たっぷり盛り込んでくださる。
第一部の班女は、楊貴妃と同じように、寵愛を受けながら、吉田少将と別ればならなかった遊女花子の話だ。
この花子は、狂言の花子にも通じていたりするのかなーと思ってみているとおもしろい。

私は、班女は初。

遊女花子は、野上の宿で吉田少将から形見として取り交わした扇をながめて物思いばかりにふけっているので、
宿から追い出されてしまう。そして、あてどもなく物狂いの姿になっていく。
そこへ、再び、東国からの帰途、立ち寄る吉田少将。宿を訪ねても花子はいない。
都に戻り、下賀茂神社に参詣すると、今は班女と呼ばれる物狂いとなった花子がいる。
花子は神社に祈っていたのだ、少将との再会を。
少将の従者から舞い狂えといわれ、舞うのです。

さて、その花子が友枝さん、美しく可憐なことこの上なし。
せつない恋心を舞う姿は、もう陶然。
相手の少将は閑さん。
二人が楊貴妃の故事と同じく形見の品・花子は扇ですね。これを閑さんがホラと取り出し、見合わせ、再び取り交わしたときの、なんとも晴れやかな閑さんの頬がポッとするような温かい愛の満ちた空気に包まれていました。うーん、にくいわー。

その前の萩大名、万之介さんがお元気でよかったです。
それと竹山さんも立派になられて・・とオバちゃん見所気分で見ました。
この萩大名の和歌。いいですよね。こういう風流が室町の武士たちのたしなみだったのだなーと。
班女にもたくさんの和歌。このあたりを身につけないと・・と思うのですが、
なかなか私には無理のようです。

1時開演が3時40分に終わり、4時には第二部開場、開演4時半です。
蝋燭能ということで、狂言が終わって、休憩後に火入れです。見所のほうもあわただしいのですから、
演者の方々はさぞ、と思います。

狂言は清水。万作師がシテ、主は万之介さん。絶妙コンビの心地よい清水。
滑稽さの中に、相手との長い関係が見えるこの清水、結構、好きです。

さあ、能は、通小町。
小野小町への愛を伝えた深草少将は、まるでかぐや姫への求婚者のように、
100日通いを求められ、雨の日も風の日も鬼の出るような暗い夜も、欠かさず通い続け、
あと一日・というときに、故郷の母が病となり、やむを得ず帰ります。
小町はそれをゆるせずに許さなかったのです。

毎日木の実や薪を持ってくる女がいる。僧は女の素性を今日こそ問いただそうとします。
木の実を語るに、歌や故事を表現し、自らを名乗りません。
当時は、私は○○ですと女からは言わないのだそうです。ほのめかすのが品があるということです。
小野小町であるとわかるような歌を詠むんですねー。風流ですね。

小町をとむらっていると、かわいらしい若き小町が登場します。
大島輝久さんです。かわいい、きれいな小町!大島さんの揺るがない姿勢が気品を感じさせます。
そこへ、シテ深草少将・友枝さんがやっと登場です。
99日も通ったのに、許さなかった女が一人成仏するなど許さない「さらば煩悩の犬となって、打たるると離れじ 恐ろしの姿や袂を取って ひき留む~」地獄の底までも連れていくぞとばかりに、
後ろから袖を取って、肩をぐっとつかんだときの瞬間がすごかったー。煩悩の犬・なんですね、あれが。

そして、99日の通いを舞いで見せます。
その間の、小町は、自らのわがままが、男をここまで狂わせてしまったことに反省をしていたのでしょうか。
かわいい顔が次第に後悔のような表情になっていたはずです。

僧・閑さんは、二人とも祈って成仏させてくれました。

うーん、一つ。情欲は死後も強いわけですね。
二つ、男って、母の元へ行くのね、あと一日で99日も通った女への望がかなっても。
三つ、これは私の経験?なんちゃって、嫌いな人は100日だろうと1000日だろうとイヤだもんね。
なんちゃって。テヘ。

More
[PR]
by ginsuisen | 2009-08-26 09:37 | 感激・舞台
国立能楽堂25周年記念企画 4日目 待望の川上と三輪
国立25周年企画の中で、もっとも激戦だったのが、この4日目の企画。
なんといっても万作師の川上に、人間国宝になったばかりの友枝さん。
そう、あぜくら会員チケットのネットでは5分でクローズ。
電話がつながったのは1時間すぎだった。友人の何人もが逃したチケット、
台風近づく金曜の夜、大事に行きました~。

狂言・川上。何回目かなーと感慨深く見ました。
橋掛かりからコツコツと杖が聞えてくる。万作師のこの盲目の役は、ほんとうにすごい。
ほんとうに見えないのがわかる。
ありがたい川上の観音様があけてくれると知って、勇んでいくときの心も早く飛んで行きたいが、いかんせん、目が見えない、もどかしく歩いていくと、つまづいてしまう。
「あ~いた、アイタ。あ~いた、あいた」この台詞は、「しびり」での台詞と同じなのに、
これは本当に痛さが身に応えているのが見所も一緒になって痛くなるほどだ。
あー、気の毒だなと切実に思う。
それだけに、目があいたときの喜びようが伝わる。
でも、観音との約束が、妻と別れよとは。
妻の怒りをこちらも供に、床を踏み鳴らしたくなる。
石田幸雄さんの妻・・いいですねー。長年連れ添った時間を感じさせます。
そうよ、あなたが目が悪くなろうとも、ずっと一緒に暮らしてきたのだもの。
いまさら、なんでしょう。そんな観音、こちらから踏み潰したい。
再び、謡いあい、手を取り合って、元の暮らしに戻っていく夫婦。
この川上を最初に見たとき、涙があふれた記憶があります。
新宿狂言でも、萬斎さんがプロデュースして、川上でした。
あのときは橋掛かりではなく、舞台中央に二人が手を取り合って帰っていったのでしたっけ。そして、世田谷でも、確かあったのではなかったかなー。

さて、今改めて思うと、観音で目が開いたのは夢だったのではないか・・
そんなに簡単には目は開かないよというお話だったのでは。
人生を受入れる。受入れることで見えてくるものがある。
そんな風にも思えましたが。


能は三輪
杉さんのお笛。細く長く、美しいです。
この日のワキは欣也さん、そしてアイは萬斎さん。
25周年にこの若き2世たちを選んだのは、意味があるのではないかと途中で思えてきました。そう、国立ができたとき、萬斎さんは確か三番叟を踏んだと聞いています。
真っ白な舞台で踏んだ感激をどこかで語っていました。
だからこそ、能楽の世界にイギリスから戻ってきたとも。
その彼らが、当代一の友枝師と同じ舞台にいる。
囃し方もトップランク。太鼓は若手君とともに次代を担う彼らにとっても大貴重な舞台になったのではないかと実ながら思いました。
前シテの衣装・美しかったです。
金茶色と薄い白地の段重ねに、草花の模様が散りばめられた秋の風情というのでしょうか。
裏は紫でした。
右手には数珠を持っての登場です。
いつも水をもってきてくれる女とワキの問答。
とうとう最後に住み家を聞くと、応えます。
「三輪の里」だと。
そして、くるくると回って、作り物の中へ。

アイの登場。萬斎さんが道行をながら三輪明神を参詣。そこに、衣を見つけたと
ワキの僧都に報告します。
そして、水を汲んできた女は、三輪明神だろうといいます。
とても静かなアイ語りが厳かさを高めます。

そして、ワキが三輪の里を訪ねていき、衣を見つけます。
オー、オー、ウオーと大・小の掛け声とともに、
後シテが登場します。
明神の作り物の布がするすると開くと、あらー、美しい!
さっきの里女とは違う、緋袴に白の神々しい明神がそこに。

そこからは、もう、友枝さんの独壇場。
うっとりうっとり見入りました。
夜しかこない夫婦、不審に思い糸をつなぎ、その糸をたぐれば、この山もとの杉まできた・・
それから天の岩戸の話も。
神楽が舞われる。
そして、岩に隠れ、そっとのぞくようにまた岩戸からでてこられる姿のかわいらしさ、美しさ。
橋掛かりまでいって、ふと振り返ったように、見つめる横顔!
神がかっていました、ハイ。

あ~きれいでした~。うっとり~。
こんなありきたりのことしか書けません。

ということで、もう10日も感想書くのに、かかってしまいました。

2008年9月19日@国立 6時開演

狂言「川上」 和泉流
シテ 野村 万作
アド 石田 幸雄

能「三輪」神遊 喜多流
シテ 友枝 昭世
ワキ 宝生 欣哉
アイ 野村 萬斎
笛・杉 市和、小鼓・横山 晴明、大皷・亀井 忠雄、太鼓・前川 光長

地謡 粟谷 浩之、金子 敬一郎、友枝 雄人、内田 安信
   粟谷 明生、粟谷 能夫、出雲 康雅、長島 茂

後見 香川 靖嗣、中村 邦生、狩野 了一
[PR]
by ginsuisen | 2008-09-29 17:53 | 感激・舞台
セルリアン能楽堂 ~鵺
一部が終了したのは15時半
それからわずか1時間後の16時半には二部(同じく中正です)

その間の休憩時にロビーへ行くと、洋服姿の森常さんが着物美人と談笑(そういえば、なぜかいつもその姿を見るなー)。深田さんが階段を足早に降りていったり、トイレ列の間を縫って、広忠君が(上下Tシャツ&パンツも黒)、メンズのほうへ・・・
友枝さんの奥様はいろいろな方からのお祝い言葉に応対。馬場先生もどなたかと談笑。
・・なんて、開演前のこの雰囲気はおもしろいですなー。
リンボウ先生もお見かけしました。

で、始まりました。馬場先生二部には、国宝二人も登場とのお話。
ほんとだ、万作先生と友枝さん。すごいなー。今日の二部は確かに。
馬場先生、こんどは鵺についての解説。これがおもしろかった。というか、この日の馬場先生、テンション高い!って感じのよどみのない解説。
南北朝という激乱の時代背景。右か左、南か北、源氏か平家もあっちこっちというころ。
そこに現れた、鵺。ことに乗じて、王朝を亡きものにせんとする。ますます混乱の世に貶めようとする妖怪。しかし、それこそ、人の世の心そのものだった・・世阿弥が描こうとした鵺。
鵺自身への世阿弥の思い・それが現れているのが、この能なのだと・・馬場先生。
で、鵺を一矢で落としたと英雄視されている頼政は・・馬場先生は見た目も所作も美しく、平家物語一の優男で、よい声の人で、風が吹いても月が照っても歌を詠むと自然な人と鴨長明が無銘抄の中で言っているとか。しかも平等院で敵と対したとき、わずか50機で向った・・などなど、そうとういい男だったようです。

で、さらに鵺についての詳しい馬場先生の解説・・柴田稔さんのブログここで解説されておりますデス。この柴田さんの鵺の解説、2008年の6月の記事でなんと①から⑮まであります。特に⑪などもおもしろい!ゆっくり読むことにします。
あと、粟谷明生さんのところ・演能レポート「鵺に託した世阿弥の思い」にもありました。フムフム・勉強せねば!


鵺の詞章にはなぜか、いくつもの恋の歌があらわれていると馬場先生
 「悲しきかなや身は籠鳥 心を知れば盲亀の浮木 
  唯雲水に埋木の さらば埋もれて果てずして 亡心何に残るらん
  浮き沈む 涙の波の空舟 こがれて堪えぬ 古を 忍び果つべき 隙ぞ無き」
 人生の哀しみ、挫折を恋の歌で表現している・・・中世ならではの考え方としておもしろいのだそうです(ここで伊勢物語・斎宮と業平の一夜の歌も登場・・つまり杜若とのつながりかしらん・・と勝手に想像したり)

 現在能でありながら修羅能として表現した世阿弥の本意は?
 真っ黒な髪でウツウツとしたものを表現する前シテに対して、
 後シテは、真っ白な髪で、猿飛出という面で登場・・ここには白=心の深さを表しているのでは・・さて、友枝さんはどのように表現されるかしら楽しみですぞ・と馬場先生。
最後に、鵺を生きてますとおどけた馬場先生。なにやら大阪湾の旗印に鵺(頭は猿・尾は蛇、足は虎)のデザインにして、フランスと友好姉妹都市にしたとか・・テンション、高く、しっかり本物の旗印のコピーまで見せてくれました。
 知識の深さはすばらしいなーと思いました。きっと古典の人と頭の中で話しをし、恋についても語っているのでしょうね。可愛い!馬場あき子さんと思いました。

さて、能・鵺
友枝さんの鵺、それはすさまじく、前シテのあの黒い装束はどこまでも黒く、足はまるで、本当の幽霊のよう。脇の森さんが、
「舟の形は有ながら、乗る人影も定かならず~」というように、
舟はスーッと音もなく近づき、ヌメヌメとした、風が生温かく感じさえします。
これは若き天子さまは、夜な夜な恐ろしい夢を見て、病に倒れたでありましょう。


哀しみ、恐ろしさ全てを体に秘めた鵺
現代の私たちの天にも覆い臥す鵺の存在
私たち自身が生んだ鵺
矢で撃ち殺してくれる頼政の存在はいるのかいないのか。
いや、自らの矢で撃ち殺さねばならない・・

矢を放たれたあと、正先で刺し殺すところのこわいこと。
エイエイと頼政の手下の猪早太に刺されます。
「~九刀ぞ刺いたりける」

夜の波に
浮きぬ沈みぬ見えつ隠れ絶え絶えの
いくえに聞くは鵺の声
恐ろしや凄まじやあら恐ろしや凄まじや


いや、恐ろしい前シテでした。
中入りで間は深田さん(栗焼きではちょっと寝てました・・ハイ。昨夜覚えるのが大変だったかな・・と推察)・・改めて、鵺の素性を語ります。

御法の声も松風の 御法の声も松風の~後シテ登場 
 白い頭 面は猿飛出 装束は金のオドロオドロシイもの


「~さても我悪心外道の変化となって
仏法王法の障とならんと~」・・・

ふたたび、自らの話をする。

そして、すさまじき思いを語る。

最後は、「月日も見えず暗きより暗き道にぞ入りにける・・
(・・・和泉式部の歌を引用・・ここに世阿弥の鵺への心寄せを感じると馬場さん)
      遥かに照らせ山の端の
      遥かに照らせ山の端の月と共に
      海月も入りにけり 海月と共も入りにけり」

そして、おそろしきまま、橋掛かりへ

そうか、そうかそうだったのか・
鵺は実態ではなかったのだ、頼政であり、世阿弥であり・・
そして私たち自身?なのかもしれない 

ズドーンと落ちたような気持ちのまま、終了。

げに恐ろしきかな・
すばらしき友枝さんに感動でした。

もう一度みたいものです。

それにしても1日に2つの演目・全く違う、美女と妖怪を演じる友枝さん、すごいですー、ほんとうに素晴らしい。国の宝を拝見できるありたさ!

あ、狂言は万作先生の栗焼き!万ノスキーさんがちょっとお元気ない暑さ負けのような出でした、でも、一声発したら、いやいや、いい感じのマンノスキー節でほっとしました。
暑い季節のアチチの栗焼き。万作先生、ゴチになりましたー。
しかし・・・深田!後見で寝てたぞ。と、あとで、誰かに怒られないかとヒヤヒヤでございました。

番組
狂言「栗焼」 太郎冠者 野村万作  主 野村万之介 後見 深田博治

能「鵺」 舟人・鵺 友枝昭世 旅僧 森常好                                笛 槻宅聡 小鼓 曽和正博 大鼓 亀井広忠 太鼓 大川典良                   後見 粟谷能夫 狩野了一                            
地謡 大島輝久 友枝雄人 金子敬一郎 内田成信
    中村邦生 出雲康雅 香川靖嗣  長島茂       



 
[PR]
by ginsuisen | 2008-07-29 10:53 | 感激・舞台