大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:相原一吉 ( 3 ) タグの人気記事
タルトレット
c0092027_23164750.jpgc0092027_23171780.jpg


よそのお店の文句を言ってばかりはいけないので、
家で作って、堪能しました。

ミルリトンというフランスでは伝統的なタルトレットです。
タルトは小さいサイズのものをタルトレットといいます。

これは、卵のクリームを流し込んで、上にたっぷりの粉砂糖を2回かけて焼きます。
砂糖がふたになって、カリカリとカルメ焼き状態に。
上に皮をむいたアーモンドをのせるのが、相原先生式なのですが、
私は、皮つきのまんま乗せました。

三越のサロンドテなら、これでイチゴ添えで1000円?かしら。

レシピブログに登録しています。よければ、クリックお願いします。

[PR]
by ginsuisen | 2012-04-30 23:18 | お菓子
タルト・・極上の味です
お菓子の先生・相原一吉先生の
「お菓子作りのなぜ?がわかる本」は、発売から10年近くなるのに、まだすごい人気で、
23刷だそうです。

その相原先生のところで、いろんなタルトをいただいてきました。
ていねいに、きちんと、間違いのない正統な作り方をしている姿勢の正しいお菓子をいただくと、
美味しさも感激ひとしおでした。

その一部をもらってきましたので、写真に撮りました。
こういう一人用のタルトを、フランス語では小さい意味のタルトレットといいます。

c0092027_15509100.jpgc0092027_15502639.jpg

左は、砂糖衣のかかった仕上げのアーモンドクリームのタルトレット。右は松の実ののったものです。美味しそうでしょう。
もっとお見せしたいけど、あとはまた、いつの日かに。

レシピブログに登録しています。よければ、クリックお願いします。

[PR]
by ginsuisen | 2012-03-18 15:56 | お菓子
ブリオッシュでパンプディング
久しぶりにブリオッシュを焼きました。
そのパンでプディングに。
c0092027_23295196.jpgc0092027_23302653.jpg


バターに牛乳、玉子は全卵1個に卵黄3個も入ったブリオッシュ生地、
宮川先生伝授・相原先生の冷蔵発酵のパンで作ります。
それをまたまた、牛乳+全卵1個に卵黄2個のプディング生地につけて、型に何層かにして入れて、
蒸し焼きします。表面にラム酒漬けのレーズンを乗せて焼きました。
できあがりに、上にカラメルソースをかけて・・。

あー、なんとぜいたくなプディングでしょう。
夕飯前というのに、焼きたてを食べる人はー?と聞いたら、
夫も含め、みんな食べるというのです。
熱々をいただきました。
家庭だからこそのぜいたくお菓子です。

このブログに宮川先生のことを書いたおかげで、
宮川先生を思ってくださる方hiyokoさんからコメントをいただきました。
宮川先生のことを思ってくださる方がいる・・とってもうれしかったです。

ブログって、すごい。
そして、故・宮川先生の「手作りお菓子への情熱」と、
その業績のすばらしさは今も多くの人に与えているということに、いまさらに感動です。
[PR]
by ginsuisen | 2009-06-05 23:38 | お菓子