大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
松風で胸打つ
舞台を見ても、すぐになかなか書けなくなってしまっている。

忘れられない舞台
喜多流特別公演 4月27日@喜多能楽堂
●目当てはもちろん友枝師の「松風」 
この日、友人の計らいで、なんとめずらしく正面席。しかも、かなり前のほうでした。ありがたや。

今まで、宮島やその他でも松風を見ていたのですが、どうも、話が呑み込めていませんでした。
これまで、なぜ、身分の低い女というか姉妹が捨てられた男への思慕をめんめんと持つのか・・
一人の男と姉妹・・なんだかな~だったのです。
ま、私は、かなり現実的で、ロマンチストではないせいもあります。

でも、この日、正面でみたせいか、もしくは、やはり、友枝さんの芸なのか、
それは、すごい、愛への想い、重い思慕の物語とわかりました。
形見の肩衣を抱え込む松風の勢いこむ仕方。
肩衣をまとい、想いを込めた舞い。
こんなに別れたというか、置いて行かれた男への想いが続くのか。
もしくは、海女の女にとっては、天上人とのかかわりを持った幸せが忘れられないのか・・
寄せては返す波、その波ごとに、かの人がかえってくるのではないかと、胸がざわめく。
砂浜に立つ、松さえもかの人に見えてしまう。
妹の村雨よりも、姉の狂おしい想い。
それはなぜなのか。
もしかしたら、リアルでは村雨のほうを男は愛していたのではないか、
それへの嫉妬も交じっての姉の想い・・

そして、場所は、あの光源氏が流離された明石。
源氏が明石の上と出会った、須磨明石。
明石の上も、京に戻った源氏を待ち続ける。娘を生んで・・
それは、もうすさまじいほどの愛、思慕でございました!!
友枝さんすごっ!当たり前ですが。

そして、だれもいなくなった、海辺、松風だけが~

料理に鶏ひき肉の焼き物に松風、お菓子にも松風というのがある。表面は賑やかにケシの実で飾られているが、裏は何もない。
うら寂しい・・この舞台から名付けたのか、どうなのか。


シテ連れ村雨は、狩野さん、はい、おきれいでした。
ワキは、宝生欣也さん。
アイは山本則孝・・真っ当さがたまりません。

でもって、囃子方は
笛 松田弘之・・・キャッでございます。
大鼓 國川 純
小鼓 鵜沢洋太郎さん・・・こころなしかダイエットした?

地謡は
もちろん喜多流の面々。
粟谷能夫さんが地頭で、香川靖嗣、長島茂、大村定
佐藤陽、内田成信、友枝雄人、大島輝久

●狂言 
清水 山本則重 山本則孝
・・これは、もう、お約束のような、おかしみの狂言。
ただ、和泉流と違うのは、「採って食りょう」でないところ。
それと、時間の関係か、清水への道を主と太郎の行ったり来たりが少なかったような。

●最後は、久しぶりの土蜘蛛
これは、蜘蛛の精が、蜘蛛の糸を投げる、それはもうお楽しみ能。

シテは塩津哲生
シテ連れ 太刀持ち 友枝真也
胡蝶 佐々木多門
源頼光 金子敬一郎

ワキ 森常好
脇連れ 館田 善博 森 常太郎
アイ  山本凜太郎 

大鼓 佃 良太郎
小鼓 大倉源次郎
太鼓 観世元伯
笛 藤田貴寛

地頭 粟谷明生
[PR]
# by ginsuisen | 2014-06-01 19:48 | 感激・舞台
包丁研ぎに
先日、貝印さん主催の包丁研ぎの講習会があり、思い切って行ってきました。
砥ぎ方はもちろんのこと、いろいろなるほど~のことばかり。
バリを出すまで砥ぐこと。
そして、仕上げに、昔の床屋さんが、皮ベルトみたいので、シュッ、シュッとしていたのと同じように、
新聞紙の上で、包丁をこすって、バリをなくすことで、始めて、研ぎ完成などなど。

それ以上にびっくりしたのは、砥石の手入れとして、
最後に砥石を平らにするための、面直し用砥石があるというのを始めて知りました。

新しい砥石を、それで、こすると、わずかに凹みがあるのがわかります。
なんどもなんども、平になるまで包丁研ぎよりもこするのが大事なのだそう。

知らないことを知るのって、ほんとうに面白いですねー。

さて、家に帰って、トマトを切ったら、うれしいことに、
薄く切れました!
居酒屋さんのトマトの薄造り完成!

もう、夫に頼まないで済みそう。
というか、自己流の夫をこんど、その講習会に行かせようと思っています。
c0092027_1731774.jpg

[PR]
# by ginsuisen | 2014-05-06 17:40 | 家の食事
人の出会いって・・本物のチョコレート作り
久しぶりの投稿です。
昨年から、facebookを始めました。簡単な内容でも投稿できる気軽さで、ついつい、こちらを留守にしていました。
とはいえ、私が書くものは、そうそう変わらず、ブログに書くことって、何があるだろうなんて、考えているこのごろです。

このごろよく思うこと。それは、人の運命みたいなもの。
ずいぶん、回り道したり、落ち込むこともあっても、それなりに進んでこれたのは、
運命だったのではないかと。

会社をやめて、専業主婦になる予定だったのに、
友人から「仕事しなさい」と仕事をもらい、そこから、フリーの仕事が始まって、約25年。

問題があるたびにぶつかったり、ころんだりだったなーっと。

出会ったものをほおりださなかったのがよかったかなーっと思います。

3月の半ば、若者たちのワークショップに参加しました。
それこそ、若者とガーナの出会いが生んだワークショップ。
始めに、ガーナに留学した青年は、そのまま、ガーナにのめり込むとは思わなかったはずです。
ワークショップは、「本物のチョコレートを作る会
ローストしたカカオ豆の殻をむくまでをしたら、
スタッフが砂糖と合わせて、フードプロセッサーにかけます。
何回も、ねっとりするまで、回転させます。
それを、型につめるのを私たちがしたら、冷めて固まるのを待つだけ。

留学した彼らは、ガーナの貧困層と、勉学をさせたいという親たち、遊びたい子供たちに出会います。
図書館を作りたいと意気込んでも、遊んでばかりの子供たち。
叩いたり、どなったりして、勉強をさせようとする教師たちに、とまどったそうです。
そして、子どもたちの親たちが、カカオ豆の収穫をしていることを知ります。
1キロわずかに、70円ほど。
そこで、カカオ豆からみんなでチョコレートを作ろう・・となったそうです。

きちんとローストするには、バナナの葉が必要・・でも、もう一度その場に行くのは大変だから、いやだ~などなど。でも、いい加減なローストときちんとローストしたものの違いを伝えれば、苦労をいとわず、トライしたなどなど・・そして、とうとう、できたカカオ豆で、チョコレートを作り、日本で販売することに・・
そのきっかけは、ジョン君の大学の授業料のため。

彼らの詳しい活動は、こちらで。
前篇
後篇

作ったチョコレートは、確かになめらかさには欠けてますが、さわやかな青年たちの想いがこめられていました。もう一度参加したいなって思っています。
c0092027_16283718.jpg
c0092027_1629346.jpg
c0092027_16291824.jpg
c0092027_16295077.jpg
c0092027_163075.jpg

[PR]
# by ginsuisen | 2014-04-24 16:31 | こんなことあんなこと
雪でしたね~。茹で豚肩肉の醤油味
昨日は、久しぶりの大雪でした。
前日までに、お医者の予定も入れ、仕事の打合せもし、
買い物もしっかりしておいたので、昨日は、どこにも行かず、雪見てました。
オリンピックも始まりました。
開会式は楽しみにしていましたが、あんまりサプライズがなかったかなーっと。
私的には、リリハンメルでの冬季オリンピックの開会式が忘れられません。
雪と暮らす国の人たちが、スキーや冬のスポーツをこんなに昔から楽しんでいたのよ~感がありました。

あと、開会式は、北京かしら。
問題があったとはいえ、あの紅いコーリャンやあの子を探しての張 芸謀(チャン・イーモウ)に、
衣裳の石岡瑛子さんが、すばらしかった。中国の底知れない力を感じました。

さてさて、日本はどうするの~。今日の都知事選も横浜人でありながら、気になります。
今ごろ、のっそりと出てきて原発を叫ぶおじいちゃん。
顔のっぺりの元大臣。猫なで声の裏がTVでは丸見えです。
弁護士さん、ちょっと迫力ありません。オーラが欲しいなー。
でも、大阪の人みたいな感じも嫌です。
もう一人の方は、論外ですが、でも、東京の人は、入れるかもですねー。
何しろ、石原を4回当選させているのですもの。

私ならどうするかしら。えっ?ドクター中松・・・うーん、おもしろいかもですが。


ということで、久しぶりの投稿はブツブツでした。


c0092027_10542216.jpg

写真は、豚肉の肩肉をシャトルシェフで、やわらかく煮て、仕上げに醬油をかけただけ。
このごろ、よく作ります。
肩肉には、一晩くらい塩をまぶしておいて、さっと洗って、湯引きしています。
で、なみなみの水と干ししいたけをバサッと、ねぎの青いところ、しょうがの皮を入れて、
沸騰させたら、シャトルの中へ。このまま1時間以上。
肉がやわらかくなるまで、沸騰からシャトルを繰り返します。
シャトルシェフは巨大なジャーと同じ。
直火ではなく、温度を保ちながら煮るのと同じ状態にしてくれます。
これが、ほろほろと美味しいです。

で、茹で汁は、肉を煮るときに、干ししいたけやしょうがの皮を入れているので、
そのまま味をつけなくても、薬膳スープのように、おなかにやさしいです。
璃宮の譚さんの真似をして、まず、スープをいただいて、
肉には、辣椒醬(ラッチュージャン・いわゆる食べるラー油?XO醬)などをつけて・・・
香港の有記の鴨肉屋さんで、庶民が食べていた食べ方です。
[PR]
# by ginsuisen | 2014-02-09 10:38 | 家の食事