大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
友枝会
友枝会 11月2日 @国立

蝉丸
雄人さんと真也さんという、実の兄弟の蝉丸。
思えば思うほど切ない話です。
残された、盲目の蝉丸の明日は、去っていくしかない逆髪の明日はと思うと、やるせなく、胸にひびいて。

紅葉狩
久しぶりの閑さん。なんだか、小さくなられたようなお声のはりもないような。
それはそうだなーと、お能を見始めてから、もうはや15年、
自分も年を取れば、演者の方々も、なのだから。
それでも、その過程をまじかに拝見できるのも、幸せと思おうと思いつつ。

紅葉の季節の、鬼女伝説。
真っ赤な山紅葉の中での友枝さん。
お酒を注ごうとする、友枝さんをうっとりと「美女だな~」という、すでに翻弄されている
閑さんの顔と視線。忘れられないやりとりです。
これこれ、これよね~って。
この名人二人が、さしつさされつで、紅葉の中での酒宴。
寝たかな~寝たかな~と、待つ鬼女の友枝さん。
寝たと知って、翻って、急いで、シテ連れは去り、
シテも、さー、今夜は、人間を!と。

このあたりの話は、あらゆる鬼女伝説と類似。
しかし、紅葉狩は、美しい。赤く黄色の燃えるような山・・

残念だったのは、閑さん、立ちあがり、戦うときに、少しよろけられました。
あっ、と、多分能楽堂全体が思ったと思います。

橋掛かりに帰られるとき、ムッと、御自分への怒りを見せているようなお顔でした。
[PR]
# by ginsuisen | 2014-11-03 15:05 | 感激・舞台
宮島
宮島観月能 10月20日

無事に行けたことに、感謝。
天気が悪くなるといわれたいたが、夕方までいい天気。
いつもの穴子丼(蒸し風)に、酒の肴の鯛の子やら、酒盗やらに大満足の面々。
そして、いつもの茶屋を1年ぶりで訪れて、再会を喜んで。私は抹茶。お菓子なしも覚えていてくれました。

お能の出し物は杜若。
お仕舞二番が始まるころに、雲行きは怪しく~。
ポツリポツリと。
お能のころには、ポツポツが伴奏のようになって。
蝋燭の火のゆらめき、打ち寄せる波、舞台に映り込む、友枝さんの姿が映し絵のように、
上の舞台と下の浪間に浮かぶ世界を同時に見ているだけで、
美しく、幻想的この上なしでした。
最前列は足も伸ばせず、胡坐に組んだ足が痛かったのですが、
それすらも忘れてしまいそうな。

杜若の恋の話。
またまた考え込みました。

夜はいつものホテルの居酒屋でにぎやかに。

翌日、私は、京都で約束があり、早めに帰りました。
[PR]
# by ginsuisen | 2014-10-21 20:56 | 感激・舞台
袴能 半蔀
この夏忘れられない能 8月2日@セルリアン

袴能 半蔀

袴能とわかっていながら、宝生欣也さんが登場しても、なぜか、実感できずに見ていたら・・
あらら、友枝さんが登場で、あー、袴なんだ。
面なしなんだ。
でも、女性。なんと美しく、はかなく、せつない。
しかも、蝋燭の灯のゆらめきの中。
夕顔の段を思い出しつつうっとりと・・
面は友枝さん、装束は男の袴。。なのになのに、女性。そして、か弱き夕顔。
なぜこんなにもと、思うと、ふるえるほど素晴らしい舞台を拝見しているのだと、
感動。

真夏の暑い日なのに、興奮冷めやらず、セルリアンのロビーで、つきのこさんとしばしお茶。

いい夏の日でした。
[PR]
# by ginsuisen | 2014-08-08 15:30 | 感激・舞台
道成寺 友枝雄人さん
続けての6月21日
雄人さんの道成寺

狂言方が山本家というのもうれしい。

道成寺は、雄人さんにとっては、2回か3回目。
いわば、もう大学院卒業し、博士課程の段階なのだろう。

それでも、見るほうははらはらする。

執念の女・・今日のは、そんな感じに見えたのは、このところの、いろいろな出来事だからだろうか。
以前の友枝さんのときは、ひたすら少女のせつない思いに涙してしまったのだが。

友人の友人が初見とかで、興奮されていた。
道成寺で興奮、それは素晴らしい経験。

広忠の大鼓に成田さんの小鼓、贅沢な極み。
今日の成田さんの小鼓は、しっかりとした雄人さんの足運びとピタッと寄り添っていた気がした。
誘導ではなく、ピタッと。それが心地いいくらいで、もっと見ていたい。
しかし、時間がきて、鐘入りになった。
地謡の友枝さんが、脇から見ていると正面に見えた。
シテへの心配などは微塵も感じない、ゆったりとした安心したお顔。
舞台への信頼感が感じられ、見ているほうも、一層、シテの動き、舞に集中できた気がする。

詳しくはこちら


狂言「素袍落」太郎冠者 山本東次郎  主 山本則重 伯父 山本則俊

仕舞「難波」 友枝昭世

能「道成寺」 白拍子/蛇体 友枝雄人
         道成寺住僧 宝生欣哉
             従僧 大日方寛 御厨誠吾
             能力 山本泰太郎 山本則孝
               笛 一噌隆之 小鼓 成田達志
              大鼓 亀井 広忠 太鼓 小寺 真佐人
              後見 塩津哲生 狩野了一 友枝真也
             鐘後見 中村邦生 金子敬一郎 粟谷浩之
                  佐々木多門 佐藤陽
           狂言鐘後見 山本則重 山本則秀 山本凜太郎 若松隆
               地頭 友枝昭世
[PR]
# by ginsuisen | 2014-08-01 12:39 | 感激・舞台