大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
長らくブログを休んでおりまして、
言い訳はいくつあっても足りないくらいでございます。

ひとまず、無事に新年を迎えております。
しかし、年越しの仕事もかかえ、60歳を超えているのに、いいのかと、
自問自答しつつ、ありがたいと思うことにしようと、納得。

今年も分とく山のお節を娘が購入してくれたので、楽をさせていただいています。

作ったのはおナマスとお雑煮と黒豆だけ。

ナマスのダイコンを切っていると、いつも思い出すのは子供のころのお正月前の準備の日。
母は台所で、八つ頭や高野豆腐を煮ている。鍋からは湯気が立っている。おナマスを切っているのは
2番目の姉。器用なので、細く細く切ります。
3番目の姉は、きんとん作り。その日のお芋の色が悪いといって、再び金時芋を買いに行かされて・・
そして、私は味噌っかす。石油ストーブの上で、金柑の蜜煮を煮たり、
母が作る淡雪缶の手伝い(ただ、鍋を見ているだけ)や、
大根にたらこを包むだけ・・とか。
長姉が旦那さん(義理兄ですね)を連れて、里帰り。
そんな前日の光景です。
遠い、遠い日々。
昨日も八百屋のおばちゃんと「うちではね~お父さんが全部用意して、羊羹も作ったの」
「昔は朝起きると、枕元に新品の下着が置いてあったわね」
なんて、話をしました。
昔の女たちのなんと忙しかったこと。

さて、さて、写真は、築地で求めた瀬戸内の煮干し。
乾物屋の伏高のオジサンの言う通り、千葉のより「上品」な味。
そのまま食べても美味しかったです。
煮干しは、背筋真っ直ぐなものがいいそう。

私も、背筋ただします。

今年もよろしくお願いします。

c0092027_1719343.jpg

[PR]
by ginsuisen | 2014-01-01 17:20 | こんなことあんなこと