大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
タルト♪
c0092027_1342310.jpg

久しぶりに作りました。今年は、このタルトに悩まされ、チョコレートを作る時間と心のゆとりがありません。毎年差し上げている方には、申し訳ありませんけど。

作り置きのパート・ブリゼの生地を敷いたタルト型があったので、アルミ箔を敷いて、半分焼きにし、フィナンシェ種を入れて焼いた!
とオーブンに入れたとたんに、フィナンシェ種にバターを入れるのを忘れてたー!!
でもね、中に入れたラム酒漬けのレーズンやいちじくのせいか、結構、おいしくなってできあがりました。
フィナンシェ種というのは、フィナンシェを焼くための卵白いっぱいの生地です。

レシピブログに登録しています。よければ、クリックお願いします。

[PR]
by ginsuisen | 2012-02-19 13:42 | お菓子
玉三郎さん、きっぱりと!
今日、何気にTVをつけたら、玉三郎のスペシャル番組だった。
「(坂東玉三郎 未来へのメッセージ」NHKBS)
途中からなので残念だったが、彼の精進への努力、妥協を許さない姿勢を垣間見た。
後半、講演会で、高校生や主婦の聴衆から質問を受けている場面があった。
一人の若い女性が、これから進学するにあたって、何か、助言をという意味だった。
その答えは「努力することです。並大抵な努力では、高見まで行かれません。死ぬほど努力するのが大事だけれど、死んではダメ、健康を害さない程度に努力しなさい」
また、これからの高校生への提言は?に、しばらく間があって、「高校生とかに限らず、好きなことを見つけること」と答えて、「好きなことを見つけてない人は?」と逆質問をした。
すると、何人かが手をあげたようだ。
その中の、主婦らしき女性に向かい「なぜ、見つけてないのですか?」と玉三郎が聞くと
「洗濯とか・・があって」と答えた。
玉)「ちょっと意地悪なことを言うと、それは、なぜ洗濯がいやか考えたことがありますか。自分のを洗うのが嫌なの・何が嫌なの?」
主婦)「誰かがやってくれたらいいなと思う」
玉)「まず、突き詰めて考えてみてほしい。そんなに嫌なら、自分が稼いで、クリーニング屋か人に頼むこともできる。そんなに嫌なら、相手となぜ暮らしているか考えないといけないし、相手の人にやってもらってもいい」
玉)「そのくらい、つきつめて考えてほしい。お寺の修行僧は炊事を毎日毎日しているだけでも、行となり修行になるのです」

どうやら、お寺での講演会だったのかも。こんな例えを話ていました。

さて、その主婦とその隣の友人らしき主婦。こんな答えの玉三郎にあいまいなわかった顔をしていました。
でも、わからなかったでしょう。
帰りにケーキセットなどをつまみながら
「わかんないわよねー、あの人には、私たち主婦の大変さは」
「そうよ、どうせ、家政婦さんがしているんでしょう、家事を」なんて。

好きなことができているか、好きなことをする努力をしているか。好きなことを見つけているか。
それは、やはり、努力していないのだ。

洗濯、掃除などの家事は確かにやりはじめたら大変だ。
でも、それは一日のうちの一部で、昔のお母さんに比べれば、洗濯機は回ってくれている。
片手で操作もできる。
おかずだって、買ってくることもできる。

私はフルタイム働いているとき、どんなに専業主婦がうらやましかったろう。
子供を迎えに行き、疲れ果て帰宅し、あわててごはんを作り、寝かしつけ、それから、会社で残業できなかった分、夜中に仕事をする。
洗濯はいつも夜干しだった。

昼間に洗濯できるようになったとき、どんなに幸せだったろう。

好きなことは寸暇でもできる。新聞を読む。読書をする。
TVの映画を見る。
自分のための時間をみつけ、常に前向きでいること、その大切さを玉様は声を厳しく言っていたのだ。

この日は、小篠綾子さんの番組もあった。
70歳になったとき、ジュンコさんが「少しゆっくりしたら」と言ったら「私に死ねと言うのか」と答えたという。
40、50は青二才、70歳からが本当の人生とも。
生涯青春。好奇心いっぱい。いいですねー。
朝ドラになるはずです。
ドラマはご本人よりもずっと穏やかに描いているようです。

努力もしないで、言い訳がましく、〇〇だから・・できないのよねーって、思うのだけはやめようと思った日でした。

c0092027_1142056.jpg


写真は、先日葉山の美術館へ見に行った、ベンシャーンのポスター。
若いとき、何もわからず、好きと思っていたのですが、
彼の絵のこと、写真のことなど、日曜美術館で見て改めて、見たいと思って行ってきたのでした。
第五福竜丸を題材にした絵など、絵の元になった写真などなどありました。
[PR]
by ginsuisen | 2012-02-06 01:14 | こんなことあんなこと
オザワで春!
パソコン、治って参りました。
しかし、買って1年なのに、どうだったのでしょう。
アドレスも消え、コツコツためたお気に入りも消え・・
なんだか、エアースポットのようでした。
パソコンのない約1週間。結構すごせるもんですね。

ただ、仕事には支障です。
仕事の連絡メールを携帯でしていると、言葉が足りないような文章になるし・・
レジュメもできないし・・
あー、もうパソコンなしでは生活できません。

c0092027_9102227.jpg


そんな中、白金オザワでランチしてまいりました。
ご不孝のあった友人においしいもの、ゆったりした空間をと思って設定したけど、
私の余計なおしゃべりで、しっとりはできませんでしたわー。
いただいた前菜は、蕪のブラマンジェ。蕪のちょっと辛味が残ってさわやか~。
上に載ったカニの美味しかったこと。
ソースも蕪の葉です。
春でしたわー。

オザワさん、おいしいです。やっぱり。

一人でもよろしいですよと言われたので、こんど、絶対、いっちゃおう。

レシピブログに登録しました。

[PR]
by ginsuisen | 2012-02-03 09:10 | お店で食事