大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アンダルシアに相馬馬子唄が響く 宇津井健「旅のチカラ」・宇津井健80歳 馬上人生を過ぐ
↓ちょっといろいろ訂正しました。アイルランドのフィドルのこと。宇津井さんの言葉など・・

NHKの視聴料を払っているせいでもないが、
NHKのBSをよく見る。

特に旅番組はおもしろい。
民放のウルルン滞在記のNHK版が「旅のチカラ」。これまでも葉加瀬太郎のアイルランドにヴァイオリンの原型のようなフィドルを訪ね、楽譜もない中で奏でる普通の人たちだが、すごいフィドル奏者たちのなんとおおらかですばらしい音楽かを見せられた。音を出すことは体から感じ、演じるものなんだと葉加瀬太郎が実感する番組だった。

さて、今回は、宇津井健さんが、アンダルシアにアンダルースというスペインの名馬を訪ねる旅。
今年80歳になる宇津井健は、早稲田の馬術部出身。それがために、裸馬に乗れるというだけで、映画入り。要所要所のいい役は得てはいるが、派手さはない俳優だ。
むしろ、凡人である役が多かったような気がする。緒方拳や三国連太郎のようなすごみもない。

その彼は、70歳まで馬を趣味に生きていたが、奥さんが病気になりきれいさっぱり馬と決別し、
10年になるという。

ディレクターは、監督でもある源隆志、彼がナレーターも務める。宇津井健のドラマを作り、ずっと、アンダルシアの馬への思いを聞き、気にかけていた。そして、持ちかけ、今回の番組になったようだ。

グラナダについて、馬主に見せてもらったときの興奮気味の宇津井健がいい。なでてさわって・・
言葉が通じなくても、その馬への思いは通じたのだろう。
馬主は一泊二日の乗馬旅行に誘う。
その夜80歳の誕生日を迎える宇津井健。暗い早朝起きると外は大雨。停電になっている。
スペインでは雨には停電なのだそう。暗い部屋の大きな木のテーブルに蝋燭の火がゆらめいている。

 「~20歳の成人式などせず、30歳で結婚。70歳まで順調に来たんですが。70歳になってよかったなと思った。こんなんだったらもっと早く70歳になればよかった。いろんないい役者が早くに亡くなったけど、あいつら生きていればよかったのに。昨日まで感じなかったことを感じ、見られなかったことがふっと見えてきた。80歳の誕生日を期待していた。この(スペインの大雨)で幕開けでしょう。これはこれで味があります~」
という意味のことを言う。これが実にいい。
年を経る意味、年を経ても気持ちの若さが伝わる。

同時に、この人が真面目にきちんと生きていること。俳優であることを気負わず、威張らず、でも、常に背筋を伸ばしていることを守っている人であることが伝わる。体も気を付け、摂生しているのがわかる。
なんで、この人を起用した、男のドラマができないのだろう。
源さんの「大停電の夜に」が見たくなった。

そして、翌日、雨の中。馬主のオーナーが二人だけの道行を誘う。
長い長いトンネルについたとき、ここからは一人でトンネルを行きなさいという。
カメラを止め、速足でトンネルを走る。
トンネルの出口に宇津井健一人の乗馬のシルエットが映る。
そして、相馬馬子唄を歌う、宇津井健。
カッコ良かったです。

翌日、海に誘われ、スペインの馬主オーナーと宇津井健が、太陽を背に海を走る。
グラシャスと握手する二人の男。
真面目な馬を愛する男に男惚れ!

カメラに向かい、もう止めて、これでいいでしょう。
これ以上回すと涙が・・という宇津井健。

いやー、よかった!

再放送されたら、是非!
この番組です。

再放送、12月4日の深夜2時(つまり5日ですね)からあるようです
[PR]
by ginsuisen | 2011-11-26 17:55 | 映画・本・美術館
やわらか牛肉と野菜添えカレー
ずっと気になっていたセルリアンタワーのカフェテラスのカレーをいただきました。

c0092027_1453425.jpgc0092027_14533396.jpg


お皿に左のようにサーブされて、カレーは別容器に入っています。野菜は焼き野菜。お肉はステーキ肉ですが、カレー風味にやわらかく煮込んであります。そこに右のようにカレーをかけれて、いただくわけです。
カレーといえども、ちょっとおしゃれでしょう?気になっていたんです。

以前にきたとき、あんまりお金たっぷりでなさそうなカップルが、一番安価で安心メニューのカレーを注文し、目を白黒させながら食べていたのが、これ。

ちょっと、お客様料理に真似できそうでしょう。

よければ、クリックお願いします。

[PR]
by ginsuisen | 2011-11-24 14:57 | お店で食事
署名をしてください
是非、福島の子どもたちへ署名を→こちらをクリック
[PR]
by ginsuisen | 2011-11-09 18:04 | こんなことあんなこと
復興支援の本が出た~つなげていきたい 野崎洋光の二十四節気の食
c0092027_10372697.jpg


麻布の日本料理店「分とく山」の野崎洋光さんは、福島県石川郡古殿町出身です。
あの3・11以降、お店の休みをぬって、復興支援の炊き出しをしていました。
復興支援の数々はほとんど知られないところでなさっています。

こんど出版されたこの本も、その一環でもあるようで、一冊につき代金のうちの400円が復興支援の義援金になる仕組み。

内容は、日本の四季の根幹である二十四節気の折々の料理と自然の風景写真がちりばめられた構成になっていて、そこに野崎さん自身の少年時代の思い出や福島県の古殿町ならではの風習が語られている。おそらく、もう戻らないかもしれない東北の自然への愛が込められている。

これを見ていると、誰もが「あ~♪誰にも~♪故郷がある~♪」と五木ひろしの唄が浮かんでくる。
私はこうだったなー、家はこうだったな~と思い出すのではないだろうか。
さて、今の若い人たちにこの感覚があるだろうか。故郷はあるだろうか・・
残っている地方の文化を大事にしないと・・

誰にもそれぞれに二十四節気を持つことのできる日本人の四季ある暮らし。
忘れてならない、伝えていかねばならない、つなげていきたいと思わざるを得ない。

立春から始まり、都会人の知らない田植え時の「結い」の風習、野崎さんの故郷の簡素だが厳かさんおある正月、そして節分とめぐり、最終ページは、再び桜満開の春のページで終わる。
「春は再びめぐってくる~」そう、来年もまた次の年も、春がめぐってきてほしい。

3・11のあと、桜を見て、この桜が震災の人たちにも。。と思ったことを忘れたくない。

「つなげていきたい 野崎洋光の二十四節気の食」家の光協会刊

よければ、ポチッとクリックお願いします。

[PR]
by ginsuisen | 2011-11-05 10:38 | 映画・本・美術館