大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
田中一村展 
暑い暑いと思っているうちに、早、9月半ば、更新1ヶ月も経ってしまった!

間に、能の感想をポツポツ書いてはいるのですが、未公開です、すまん(誰も期待してないですね、怠け自分にカツ!かな)。

さてさて、大雨の今日。思い切って行ってきました。千~葉~です。遠かった~~へとへと。
横浜から72分。家を出たのは9時。ついたのは、10時50分、雨のため、横須賀総武線は東京まで。
東京からは別電車で千葉~でした。

千葉美術館は千葉市役所の中。それにしても千葉駅のタクシー乗り場は階段下。わかりずらいぞ、外部者には。
駅を降りたときから、嫌な予感。おばちゃんたちのグループいっぱい、美術館にもそう、いっぱいでした!!
今週の日曜美術館で紹介されたから、のようです。

私が田中一村を知ったのは、かれこれ15年前。友人からの案内で見た展覧会が、1995年だった。
「孤高の画家」とそのときの図録にある。

そして、今回、千葉美術館15周年開館記念。
栃木に生まれ、千葉に20年住み、奄美に渡り、生前はその作品を公表することもなく、無名のまま逝った
田中一村。今回、千葉時代の新たに発見されたものを含め、250点の回顧展なのだそう。
前のものより、ずっと多いのだ。
c0092027_083729.jpgc0092027_085338.jpg


うーん、すごかった。
南画の影響というか、南画の持っている、静謐で、勇壮さ、優美さをぐぐぐっと感じた。
以前、南画風の南宗瓶華という華を、習っていたのだが、まさに、それだった。

襖絵の間垣のような菊の配置、華、枝が自然にあるままでありながら、すっくと凛としている。

表には、あでやかな牡丹の赤、薄桃色の花々、裏面は水墨画のような竹蘭の花。
そこに書かれている漢文には、竹蘭がいかに芳香がいいか、
かの武帝の時代に~などど細かい文字で書かれている。

5歳からの絵、10代の筆。とても大胆で、若さがみなぎっている。

以前の展覧会で感動した、一村が初めて入選した「白い花(山帽子)」の絵と対面したとき、思わず、
あ~!とため息が出てしまった。

奄美の自然、夕焼け、朝日・・
ほとんどモノクロームのような「枇榔樹の森」の前では、自分が森の中にいるような気持ちになって、
ふーっと深呼吸をしてしまった。

遠かったけど、いってよかった。次は奄美の美術館ですって。
それよりは千葉はまだ近いからよしとしないと・・。
26日までです。
c0092027_092721.jpg

展覧会場の解説のほか、あたたかい文章の解説などたっぷりの図録。重かった~。
[PR]
by ginsuisen | 2010-09-17 00:10 | 映画・本・美術館