大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
能楽現在形に期待したことは
野村萬斎、一噌幸弘、亀井広忠・・・今の能楽界にこの三人がいなかったら・・・
私は、ここまで能にはまらなかったかもしれない。

そもそも、能のきっかけは、萬斎さんだ。

こんな風に暑い夏の昼間何気なく見ていた、教育TVの番組で、「今の能楽堂のお客さんは親父とともにいなくなってしまう。自分の世代のファンを作っていかないと・・」それが、彼のこれからの活動方向だった。
ちょうど、朝の連ドラで「あぐり」が放映され、吉行エイスケという役を演じ、ブレイクが始まろうとしていたころだ。あのエイスケを演じている若者、狂言、伝統の世界の厳しさなど・・断片的に私に突き刺さった。


私はというと、日本の食についての、一つの大きな仕事を終え、気が抜けていたころ。
自分が何も日本について知らなかったことに気づき、これから何をしようと思っていたころだ。

そして、ふと新聞を開くと、あるカルチャーサロンで、狂言教室が始まるという。
声を出すカルチャー?謡への興味、若いころ文楽が好きだったから本当は人形浄瑠璃が習いたいけど・・と漠然と思っていたのだけど、ま、のぞいてみようかと、申し込んでみたのだ。

そこで大きなカルチャーショックを受ける。
すぐに、おもしろさにはまる。同時に、教えてくださる先生方の真摯な姿勢に打たれる。
まったくの素人の生徒たちに対しても、まるで、伝統を受け継がせる相手のように、接する姿勢だ。
こちらも、オケイコなどと軽く思っていられない気迫だった。

時間15分前にきちんと袴姿でまっていてくださる万作先生・・人間国宝クラスにもかかわらず、単なるカルチャーの生徒に向かってくださる姿勢に感動した。
同時に、人間としての品格とは、下のものにも平等の心を恒に持っていることだと実感する。「偉い人ほど、偉ぶらない」。

さらにそこで、「狂言を知るためにも、能を見てください。高いお能でなくていいです、お稽古発表会みたいのものでもいいです」と萬斎氏より、あるときいわれる。

そこからだ、私の能鑑賞への入門は。
(もっとも、狂言教室のほうは、長続きしなかったのだけれど)
粟谷菊生さんのNHK鑑賞講座で「能の好き嫌い、いい悪いは、100番見ること」に触発され、
見た、見た、見まくった(ちょうど暇だったのだ)
白州正子さんの本で、能を頭でっかちではなく、ハートで感じることの大事さも実感。

近藤乾之助さんで、着物姿にしびれ、
幸弘さんの笛、六郎兵衛さんの笛、大倉源次郎さんの小鼓・・

きわめつきは、シテ友枝さんで、萬斎さんの三番叟の「翁」だ。
友枝さんを知り、
とうとう、宮島まで行ってしまう。そこで、茶髪の広忠君の大鼓に出会う。

三響会にも行き、橋の会に入り、年間の能チケットを確保し・・
土屋恵一郎という、すごい解説者も知る。

能の予定先行で動いていたっけ。

そういう意味で大いに期待し、この三人の現在進行形をリアルタイムで見られる幸せを感じていたのだけれど、うーん、残念。

相撲の野球賭博を引き合いに出して、萬斎さんは、自分たちは井の中の蛙ではないかと
言うが、いや~、それでは、伝統にはならない。
現代に生きているからこそ、伝統なのだ。
井の中の蛙で堂々として欲しいと思う。
変なコラボや演出過多はいらない。
むしろ、笛の幸弘さんと大鼓の広忠君などとの掛け合いでの
一期一会をバンバン見せてほしいのだ。

もっと三人ならではの、能を見せてほしかったな~。
取りとめもなく、言葉足らずの感想になるので、ここでやめます。
[PR]
by ginsuisen | 2010-08-31 15:14 | 感激・舞台
能楽現在形 千秋楽
8月7日 暑い暑い日が能楽現在形千秋楽だった。

普通なら、舞囃子、狂言、能の順だが、この日は、いきなり能の野宮からはじまった。
シテは片山清司さん。


シテ登場の折の囃子は、物哀しく、野宮神社の風が感じられた。
松田さんの笛が高く低く奏でる。
シテ登場。
前シテは華やかな小袖の若い女の姿だ。
美しい!この方はほんとうに美しい。能の家、舞の家のDNAがぴったりと寄り添い、
六条御息所が高貴な女、上品の女であることを全身が伝えている。
それだけに、年下のまだ若い19歳の源氏からの愛は素直に受け入れられない身の上も感じる。
でも、愛は無常だ、いけないとおもいながら、源氏のひたむきな愛への思いは
捨てきれない。しかし、娘は斎宮になる清らかな身。母としての立場、女としての立場・・
潔斎の聖なる野宮の場所が、彼女の気持ちをしばろうとする。

野宮の森の木枯らし秋ふけて~森の木枯らし秋ふけて~
身にしむ色の消えかへり~・・

秋、哀しい女の秋。

後シテの静かな舞から、

露うちはらひ、訪はれしわれも、その人も、ただ夢の世と、古り行く跡なるに、
たれ松虫の音は、
りんりんとして、
風茫々たる、野宮の夜すがら、なつかしや~

の風茫々たるで、両手で風を起こし、早い舞になる。
激しい恋の気持ちの高ぶりを感じさせる、その勢いで門にすがるが、一歩右足を踏み出そうとする一瞬。
あきらめて、~火宅の門を出でぬらん、火宅の門へ

そして、六条は火宅をかかえたまま、娘の斎宮のお供で、伊勢に行くんですよねー。

野宮は以前に友枝さんのを見ている。そのときの迷いの重い六条に衝撃的な感動はおぼえているが、
この日の清司さんの六条は、恋の思いは強く感じる女性だった。

休憩をはさんでの舞・坂口貴信さんの天鼓。
若い坂口さん、お初の認識でしたが、すばらしかった。こんな美しい方いたんですねー。
大鼓 忠雄パパ、笛は竹市学さん、小鼓 成田達志。太鼓 助川治・・とすごいメンバーで舞う、その緊張感が伝わってくる。こうした冒険は、能楽現在形ならではだ。

そして狂言は越後婿の祝言之式。萬斎さんだ。
笛・竹市学、小鼓 成田達志、大鼓・亀井広忠、太鼓 助川治。
謡は、石田幸雄、深田博治、高野和憲。野村遼太(すごいね、大きくなったねー)。

赤い頭をつけた、大きな口の獅子が、それはもう、縦横無尽に舞台を舞い、橋掛かりにバクテンでと、
40代の萬斎さんも、「まだまだ俺はやるぜ」を感じさせる激しい舞。

すきっと千秋楽らしい舞納めだった。
[PR]
by ginsuisen | 2010-08-25 10:49 | 感激・舞台
しょうがの佃煮

暑いですねー。ほんとうに地球もなにもかもとろけるのではないかと思います。
朝の散歩をしていても、汗だらだらです。

さて、さて、こんな暑いときにぴったりのものをfukuyokaさんからレシピつきでいただきました。
新しょうがを赤ワインと黒砂糖とザラメの液で煮るのです。
黒砂糖だけで煮るとくどくなるのが、ザラメも使うので、意外とさっぱり味。
アントシアニンたっぷりの佃煮。美味しいのです。
c0092027_13382532.jpg


ごはんのお供はもちろん、ちょっと疲れたときに、朝の目覚めに一切れが体をピリッとさせてくれます。
クーラーでダレタ体にも、これ1枚を口に含むと、目が覚めます。
新ショウガの季節の今のうちにいっぱい作っておきたいです。多分、冬の寒さにもいいかも。
[PR]
by ginsuisen | 2010-08-17 13:38
真夏の池袋で小三治さん
猛暑で有名な実家・前橋でサウナのような部屋で安眠できずに過ごして帰ってくると、体が戻るまでに
時間ではなく、日数がかかります・・年なんですね。これが。

それでも、8月4日には池袋演芸場にこの夏も行って来ました。
夏休みの宿題みたいなもんですね、これ。例年、今年も来れたのがうれしいです。
朝からカッと暑いこの日、10時20分から並んで11時にチケット発売、
11時半すぎにやっと会場に入れました。運よく私たちの列の女性4人は影のところに並べて、
お互いによかったよかったでしたが。
気づくとあっという間に立ち見さんも。小三治さんのころまでにはクーラーが効かないほど。

小三治さんの美しい姿にほれぼれでした。
お話は、「青菜」(友人にあとで、内容を話したら教えてくれました)。
大旦那の人のいい感じ、
そそとした奥様の風情、植木屋の素朴さ・・どれも一人が演じているとは思えない、
もうほんとうに素敵でした。

この日、大好きな紙きりの正楽さんがもらったお題は「うなぎの蒲焼」
美味しそうなうな重を食べる客と団扇でバタバタと焼いている鰻屋を見事に切りました。
海老蔵のお題もありました。

それから、この日初めて、正蔵さんを見ました。とってもいい感じに見えました。
「鼓ヶ滝」。「音に聞く鼓ヶ滝に来て見れば……」旅する西行と有名な歌人三人が滝にいたという話ですが、
それって誰かなーって、思いました。

まったりした演芸場の雰囲気は何時来てもいいですねー。
この面白さを教えたくれた友人たちに感謝感謝。
来年もこれるといいなー。
[PR]
by ginsuisen | 2010-08-07 10:14 | 感激・舞台
キャベツのサブジときゅうりのライタ
c0092027_100325.jpg


朝から暑くてうだりそうな今日。クーラー嫌いな夫のいる休日は我慢大会のような時間が過ぎます。

そこで、キャベツのサブジを作りました。
作り方はニンジンのサブジと同じ。
油を熱し、クミンシードを入れ、パチパチしたら、キャベツ投入。
塩とターメリックとレッドペッパーを混ぜて加え、蓋をして蒸らすだけ。

水を一切入れないのがサブジの特徴。
野菜が持っている水分を引き出すのです。


一緒に、ヨーグルトときゅうりのライタも作って、添えました。
ヨーグルトときゅうりのサラダは、インドだけでなくアラブにもありますねー。

インドではライタ。
ヨーグルトを牛乳で割り、塩を加え、クミンパウダー、レッドペッパーを混ぜたものが
基本のライタ。
ここに、きゅうりのみじん切り(半分すりおろしてもいい)を加えれば、「きゅうりのライタ」
トマトを入れれば「トマトのライタ」

このきゅうりのライタに似たものは、確か、アラブのご夫人の朝食と聞いた気がします。

魚や肉のソテーにもいいですし、
もちろん、カレーに混ぜても・・

まだまだカレーな夏は続きそう。
[PR]
by ginsuisen | 2010-08-07 10:13 | 家の食事