大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
よかった~
むせるような梅雨の暑さ到来です。
庭の草、どくだみ、何もかも、伸び放題。
腰や膝の不自由な草むしりのできない、私たちの代わりに、
何を思ったか、息子が抜き始めました。
天候不順はこのせい?


さてさて、先週のこと、打ち合わせが遅くなり、
夕飯に間に合わない・・そんな勢いで特急から各駅に乗った瞬間。
目の前に、友人の姿が。
子どもの保育園時代のママだ。
バランス感覚もよく、三人娘の母として、幸せいっぱいの彼女は、うらやましいくらいに仕事も家事もこなしていた。
そんな彼女は突然、不幸に見舞われる。長女のお嬢さんが大学受験を前に亡くなったのだ。それも人づてに聞いたので、詳しくはわからないが・・自死だったという。

それから1年ほどすぎて、ぼんやりとした彼女とご主人を駅でみかけた。
スーパーでもそうだった。

私自身のもろもろのことも合わせて、彼女の悲しみを心配していたのだ。

でも、目の前の彼女は、以前のままの姿。
自信を持った仕事の母だった。

またね、元気で。

ご家族のみなさんは?の質問をお互いに言わない。

そうだよね、お互いにそれを口にしたら、ぐっとこらえていた堰を切ってしまうね。
まだまだ、心の奥には悲しみの淵をかかえているのがよくわかる。

でも、彼女の姿に出会い、話せたことで、よかったなーと心から思え、私まで幸せ気分になった。
c0092027_1772464.jpg c0092027_1710636.jpg

左は、イタリア通の友人から教わった、豚肉のトマト煮。ソテーした玉ねぎ、豚肉に白ワイン、トマトを煮詰めたものと煮ていきます。
右は、久しぶりにアマンディーヌタルト。プルーンをたっぷりのせて。
[PR]
by ginsuisen | 2010-06-17 17:13 | こんなことあんなこと
友枝さんの湯谷 日経能
6月8日 日経能 @国立能楽堂 18時半~

久しぶりの能の日だというのに、先週末から歯痛にみまわれて、不安の朝。
紹介された大学病院へ行くと・・神経を除くことに!ギャーという間の長い時間、おそらく新米ガール先生に
ていねいに作業されること1時間近く、口を空いたままでした。
ふらふらと麻酔と痛みの不安で薬を薬局からつかむようにして、口に入れ、タクシーで贅沢にも帰宅。

夕方までの用事をキャンセルし、ひたすら、能にいけるようにと休みました。
とはいえ、留守宅の食事は作りましたですよ~。

万一にそなえ、能楽堂へ着く30分前には、ちゃんと痛み止めを飲んでおきました。

今日は橋掛かりより。

狂言は「二人袴」
あれ、あれ、婿は野村遼太君。目がパッチリで、きれいな若き青年です。
ちょうど声変わり前か後の中学3年か高校1年でしょうか。
舅は石田さん、太郎冠者は高野さん。そして父は万作師です。
袴をとっかえひっかえ、そのたびに、万作師の息遣いが、ハアハアと荒くなります。
でも、お孫ちゃんの遼太君を相手に、阿吽での舞台。
さあ、袴を二枚にわけて、それぞれ、前掛けのようにして、後ろを見せずに舅の前に出た二人・・
酒宴の謡を所望され、仕方なく、舞います。
「七つになる子がいたいけなこというた~、殿がほしいとうとうた~、~つづら帽子にしゃんとなって、踊る振ーりがおーもしろい。吉野初瀬のはーなよりーも~をを、恋し人を見たいものじゃ~」
うんうん、いいわねー。
三人の謡が一体となって、そして、袴の後ろがないのに、気づいた太郎の発見で、大笑い。
舅は、そんなことは気にするなと止めるけど、すたこらサッサと2人は袴を肩にかけて逃げ帰る。

あまりシリアスではない、お孫ちゃん相手の、
こういう狂言が今の万作師には、なんだかぴったりな気がしました。

お待ちかねの能は「湯谷」
朝顔さんは、井上真也さん。
橋掛かりを小走りに入ってくる。湯谷の母からの手紙を胸にしているのだ。
それを見る湯谷。哀しみはせつに伝わる。
そして、宗盛・閑さんは、「この春だけは~」ともに過ごしたいと言う。
この日の閑さん、終わりを見据えた平家の武将の悲哀をぐっと感じました。

唐織の装束の美しかったこと。大きな格子に区切られた中には、四季の花がびっしりと織り込まれている。
金銀、赤、朱、紫、緑・・

序の舞はゆったりと、胸に秘めた母への思いとは別に宗盛との別離も感じます。
「村雨~」の突然さも、この日はハッと感じさせました。
歌を詠み、宗盛に渡し、しおる姿の横顔が、
宗盛の「ひまを~」に、ガタッとなります。
そこからは喜びの顔、はれやかにはれやかに母の元へ。

橋掛かりで、ちょっと立ち止まり、宗盛にいとまをつげるよう。
それを見送る宗盛はすでに戦のおももちでした。

痛み止めで何回か、水没しそうになりましたが、
序の舞はしっかり。

地謡のとても、厳かでやさしさが伝わりました。

ゆとりがあれば、日にち違いの浅見さんのものも見たかったです。

c0092027_18583216.jpg


この写真は以前のものですが、今年も咲いてくれました。亡き友人の名前のついたオールドローズ・チエです。
[PR]
by ginsuisen | 2010-06-10 00:03 | 感激・舞台
収穫 実山椒 そして、ゆすらご(ゆすら梅)
日曜日 実家にみんなで集まりました。
夏が近づいてきたんですねー。

庭に実山椒がたわわになっているのを発見。

収穫収穫。とげがあって痛かったです。

これをアク抜き(ゆでこぼして、水でさらすこと2回か3回)して、
冷凍したり、ちりめん山椒を作る予定。
いつもは買っていたのですが、ありがたいですー。

c0092027_181642100.jpg




c0092027_1891690.jpg


家に帰ってきたら、実家の庭の実生の木を何年か前に移植した、
ゆすらご(ゆすら梅)の実が真っ赤になってました。
さくらんぼなんて贅沢品でしたので、小さいころには、私にとっては、一番身近な木の実。
ままごとにしたり、つまんで食べたりしたなつかしい実です。
種が大きく、ちょっとすっぱいのです。


ほんのちょっぴりの収穫。
去年は、焼酎に漬けましたが、今年は酢にでも漬けようかな。
[PR]
by ginsuisen | 2010-06-01 18:13 | 家の食事