大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
あの亀井家三兄弟の番組が
以前に、放映された、亀井家の番組「鼓の家」が再放送されるようです。

■ハイビジョン特集 鼓の家
2010年4月16日(金) 15:00~
NHK衛星ハイビジョン(NHKhi)

能楽・大鼓の亀井忠雄、歌舞伎囃子方の田中佐太郎夫婦とその息子3兄弟(年子!)の
家族の歴史。中でも佐太郎さんの女学校姿での修行がすごい。
「舞台では一組の親子の襲名が・・御簾の中ではもう一組の親子がいた~」というナレーションにぐっときて以来魅せられた家族のドキュメンタリー。

以前のは、ビデオでの録画だったので、こんどは録画して、DVDにしなくちゃ。

c0092027_194277.jpg

以前の三響会パーティでの三兄弟。
左から長男・亀井広忠 三男・田中傳佐衛門 二男・田中傳次郎
[PR]
by ginsuisen | 2010-04-14 01:12 | 感激・舞台
名残の桜
c0092027_22404120.jpgc0092027_2241537.jpg


日曜はいい天気でした。近くの散歩道の桜もがんばってまだ咲いてました。
この道には、花見客の多い都心の公園よりも静かでいいです。
わずかに小学校前でサッカー待ち?の親たちがブルーシートを敷いて花見宴をしていただけ。
土手の下水道局の桜も満開でした。
今年は温かいなーという翌日は冬、その翌日は初夏、そしてまた寒さぶり返しで、
桜も大変ですね~。

少し、時間が取れて、見たもの覚え書

●映画 
「やさしい嘘と贈り物」・・身につまされる認知症の夫とそれを陰で支える妻と娘と息子の話。
内容を知らずに見てしまった!多分、知っていたら見に行かなかったかも。
「NINE」・・娘が興奮していたので行ってきました。フェリーニのあの「8と1/2」(分数のパソコン表示はむずかしい)のミュージカル版。「8と1/2」も難解だったけど、このミュージカルは派手さと歌でわかりやすさはあるけど、ちょっと疲れたかなー。ソフィアローレンの偉大さにバンザイの映画でした。

●家のTV鑑賞
「大統領の陰謀」・・・先月NHKBS放映で見て以来、我が家はニクソンブーム。
改めて、この映画のすごさに感心した。
ロバートレッドフォードは、ワシントンポストでウォーターゲート事件を報道し始めた当初から、映像権を申し込んでいたという。そして、ダスティンホフマンも同時にアプローチしていたという。その2人が主役なのだからすごいねー。で、編集長役の靴がグッチだったり、ダスティンホフマンのデスク横の自転車のホイールや、新聞社内のデスクや椅子が部署によって、赤、紺となっているのもおもしろかった。ロバートレッドフォードの部屋に飾ってある絵がベンシャーン?とかコーヒーカップがアラビア?だったり・・

同じくBS
「リクルート」・・これCIAの新人スカウトの話。アルパチーノです。仕掛け仕掛けでどこまでほんとかわからないけど、さもありなんかなーって感じ。盗聴もしちゃうよね~って。

レンタルDVD
「フロスト×ニクソン」・・ロンドンのコメディ司会者が辞任後3年目のニクソンにインタビューした本当の話をあたかもドキュメンタリーで撮っていた風に作った映画・・知らなかった~。しかもロンドンで200回も舞台があったとか。日本でも最近舞台をしたみたい。その同じ配役での映画化。有名どころはケビンベーコンのみ。たくさんの有名スターからオファーがきたとか。
監督によるオーディオコメンテーターがおもしろかった。低予算なのに、当時と同じ高級ホテルを借りたり、
パーティのエキストラが足りなかったので・・人形でごまかしたなどなど・・
フロスト役は「クィーン」でブレア首相役のマイケル・シーン。

この3つで、ニクソンの辞任前後をお勉強した気分に。

あ~外は春なのに、我が家は困ったもんですね。

おまけに、ニクソンが3選したら・・なんて架空のお話の「ウオッチメン」なんて恐ろしい映画まで見させられました。
[PR]
by ginsuisen | 2010-04-12 22:41 | 散歩ほか
三陸の宝物が届きました~めかぶ
三陸からめかぶがいっぱい届きました。
実は、私は、かつて腸閉塞をしていて、今だに温存しているため、
繊維の長い昆布や若芽、ごぼう、筍などをたくさん食べられません。
万一、閉塞部分にひっかかってしまうと、完全閉塞という大事になってしまいます。

でも、食べたいー。

初日は、さっとゆでて、しょうが醤油でいただきました。
生若布も届いたので、同じようにしました。
熱湯の中で、さ~っときれいな緑になりました。

残りは、ゆでて冷水にとってから、そのまま大きい形のまま食べてもいいのですけど。
売っているめかぶのように、カットしました。
フードカッターで、ですけど。
c0092027_1144068.jpgc0092027_114516.jpg


はじめてめかぶを食べたのは、もう20数年前かも。
仙台のおみやげでいただきました。
おかかと梅干を合わせて混ぜると美味しいと教わりました。

あれから流通の良くなった今、都会でも手に入るようになりましたねー。

でも、三陸から届いたこのメカブ、ねっとり度もフレッシュな磯の香りもたっぷり感じる美味しさでした。

冷凍できるというので、小分けにして冷凍しました。
生若布のほうも4日と持たないというので、
ゆがいて~冷水~水きり~塩をまぶす~重しをして水きり~で
冷凍しました。
なんだか市販のものより断然、香りがいいのですわ。

少しずつ食べないと!
[PR]
by ginsuisen | 2010-04-06 11:08 | 家の食事
まったくのうるおぼえ 2009年末から20103月
うるおぼえ

年末 能楽現在形

3月28日日曜 正午 喜多流自主公演 井上真也さんの箙

箙・・初めてみました。
なんと、前シテは面なしの直面だったのに驚きました。
お話は、須磨の浦、生田川のほとりに色鮮やかに咲く梅の花を眺める青年に僧が出会う。
ころは3月。もう梅は終わっているのですが、春のきざしのお能ですなーと感じます。
この梅の名が「箙の梅」源氏の若武者・梶原源太景季がこの梅の枝を笠印の代わりに箙に挿して、手柄を立てた由来があるというのです。ここまでが前場。
後場は、僧が花陰に伏していると・・梶原源太景季の霊が若武者の姿で現れ、修羅の苦悩、生田の合戦を再現する。

いやはや、かっこいいのです。梅の枝の香りほのかに香るような若武者が、ばった、ばったと投げ倒す姿が、くるんくると回転する真也さんの身のこなしで見せます。

とてもさわやかな能でした。
素人見ですが、真也さん、去年の道成寺を披いて、やはり、ぐんとアップしたと思えました。
地謡は、友枝昭世さん地頭ですから、そりゃ、聞かせました~。
でもって、この日の大鼓・大倉慶乃助さん、よかったのです。
こちらもさわやかで、強くで、正之助さんの息子さん?ぐぐんとよかったです。しかも美男。


シテ 井上真也 
ワキ 御厨誠吾、ワキツレ 吉田祐一、大日方寛 
アイ 大蔵千太郎
大鼓 大倉慶乃助 小鼓 住駒充彦 笛 内潟慶三
地謡
大島輝久 狩野了一 高林呻二 友枝雄人
笠井 隆 粟谷明生 友枝昭世 中村邦生

狂言 伊文字は、ごめんなさい。パスして昼ごはん調達に・


楊貴妃 
シテ 松井彬
ワキ 大日方 寛
アイ 大蔵基誠
大鼓 亀井実 小鼓 森澤勇司 笛 藤田朝太郎

で、とてもきれいで、優雅な楊貴妃だったのですが、途中から、小鼓さんが、なんとなく不安定になて・・
それから、あれれ?
突然、後見でない、シテ方の方が出てきて、小鼓の方の背後で声をかけます。
うなづく小鼓さん・・で、次に違う方と交代したんです!
交代したとたんの鼓の音色は??でしたが、すぐに小鼓も交換されました。
そのあとは、終始、鼓後見つきで舞台がすすんで・・
ヒヤヒヤ、スリリングでした~。
その間、シテもワキも見事に何事もなく進む様は・・そりゃ、お見事!
楊貴妃さんの哀しさ、せつなさ、熱き恋の舞もかわいらしかったです。

この間のことは・・粟谷明生さんのブログ→に詳しく書いています。
とっさの判断。見事な連携プレーに拍手です。

この日は、もう一番春日龍神があったのですが、翌日出かけるのでパスして帰りました。
[PR]
by ginsuisen | 2010-04-06 11:03 | 感激・舞台