大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
友枝さんの邯鄲 日経能
見にいっていたのに、なかなか書けないでいました。
日経新聞社主催の能の会。6月9日火曜日@国立能楽堂 18時~
今年は、能は邯鄲、狂言は萩大名がテーマ。
初日は、狂言が野村万蔵家に、能は友枝さん。
2日目は、狂言は万作家、能は浅見さん。
こういう催しはうれしいが、両日見に行く気力はなし。
結局、というか、もちろん友枝さんだけにする。
しかし、あまりのすばらしさに、驚愕し、なかなか感想が書けないでいた。
おそらく、ずっと胸に残るのではないだろうか。

それは、自分の感じ方も変わったせいかもしれない。
また、自分を取り巻く環境の変化かもしれないが・・
かなり、来し方、行く末をズドンと感じてしまった。

友枝さんの邯鄲を見たのは、一昨年、2007年の5月の友枝昭世の会。
あのときは、確か、がんばって、正面席だった。
でも、脇柱とかぶり、今一舞が見えなかったっけ(もっともチケットが買えただけ文句なしの友枝プラチナチケットだ、文句はいっては勿体無い)。

今回は脇正面からの席。一畳台がしっかり正面に見えます。

盧生が出てくる。若い、悩める顔だ。これは前回同様だが、
なぜ、邯鄲の地に来たのだろう、その因果を考えてしまった。
それは「村雨がふってきて・・」と、傘の出という特殊は小書き演出での登場。

この傘が美しかった。唐傘は16本の骨だろうか、こまかく、縁先は、折りかえっているような白い傘。
傘のせいで、顔の表情が読み取れないが、悩める顔はよくわかる。
宿の主人が今回は、なんとなくしたり顔風なのがよかった。
また若者が来た来た・・今日もこの枕でも貸してやろうかという感じだ。

盧生が枕に伏せたとおもったところから、舞台転換の早いこと。
これは、疲れていても寝ていられない。
見張ってないと大変。

勅使が来て、王になる人だと告げてから、盧生の顔がだんだん変わってくる。
いや、変わってくるのではなく、変わって見えるのだ。
威厳のある王に、そして、覇王に、そして、老いていく王に。
喜びの舞・一畳台の舞は、それはそれは優雅でした。
(やっぱり、邯鄲は脇が美味しいのかも)
橋掛かりでの舞・天下国家を見下ろすゆとり。

しかし、子方以下臣下が退いてからの動作の速いこと、速いこと。
一畳台に飛び込んで、あっという間にもとの、寝姿になる。

そう、それは、粟の粥が炊けるほんの一睡。おそらく20分か25分だろう。
米が炊けるのは、どんな量でも20分はかかる。

目覚めた盧生の顔は、もう王ではなかった。

また、来るようにという宿屋の女主人。

また、人生に悩んだら、一睡の夢を見においでということだろうか。

今、ここにいる私の現実。
かつての遠い日のことは夢だったようない気がするときがある。
子どもたちの幼い日々、父に誘われて、海辺の家に行った日々、
何もかも、人生とは、夢のような・・
そして、今、老いた母と食事をする。これも一睡の夢で、
この先にはもっとすごい現実があるのではないかと思ってしまう。

さあ、明日の現実は、またはかない夢のように過ぎていくのかもしれないけれど、
過ごさねば。。

そんなことを観劇後の今まで思っていました。

邯鄲・盧生のその後を知りたい。

以前のブログ
[PR]
by ginsuisen | 2009-06-24 10:53 | 感激・舞台
新携帯で 家のビワ
c0092027_8535172.jpg

携帯を新しくしました。ちょうど姉が田舎の家のビワを届けてくれたので、試しに撮影です。やっぱり味は抜群!小さいけど甘くてみずみずしかったです。
こういう味は、もう食べられないのかもしれません。

それにしても、我が家の庭のビワ・ならないなー。

写真は、昨日のものよりも大きいサイズに変更しました。
こんどの携帯はというか、今の携帯カメラの機能はすごいですねー。
映像も料理やポートレートなどが設定できます。
進化しているんですな。まだまだ使おうと思っていた3年前の携帯でしたが、昨日の市場買出しのときのバッグに入れておいたら、購入した漬物の汁が染み出て、水没状態に・・アジャーでした。で、買う決心に。Docomoもビックカメラも歩いて10分圏内なので、即買ったわけです。しかし、今、高いですねー。TVが見られる機能などなどまで、本当にすごい。なんだかなーでした。で、一番安い、古い型式にしました。それでも今まで持っていたものよりも新型です。

[PR]
by ginsuisen | 2009-06-18 00:27 | 家の食事
枇杷を買って あとドラマ「ツレうつ」のことなど
c0092027_10491683.jpg


昨日のJAの市場に、枇杷がありました。
見た目はこんな感じ。
甘みはほんのりですが、木でちゃんとなったという素朴な美味しさがあります。

実家の庭の枇杷の木どうなっているかなー。
カラスや鳥に食べられているかなー。
いつも姉が木に登って、取ってくれますが、
その姉は今や60+?歳。
今だに木登りです。

このごろ見ているドラマ

「ツレがうつになりまして」・・漫画でも有名になった実話が元。
あの、藤原紀香がすっぴんで漫画家妻。
原田泰三がうつになる夫役。
たった3話。でも、あのNHKがよくぞだと思います。
うつの話を長びかせたら、ちょっと辛いですもんね。
毎週金曜の夜ですが、木曜の午後4時に再放送みたい。
HPの掲示板には、多くのウツの人と家族からのメッセージが書かれています。
あの山田太一の「ありふれた奇跡」同様、心を病む人がそろそろ、単なる心の病気として、
社会に認知される時代になってきたのかもしれません。
障害学という学問もあるそうです。

障害とは、本当に見た目だけのものなのかどうか。
五体満足などという言葉は本当に満足かと考えさせられます。
あの盲目の若きピアニストに、盲目と冠をつける必要がないのと同じに。
馬鹿なインタビューしてましたね「もし目が見えたら・・」って。彼にはもしはないんです。

狂言の「月見座頭」の幸せは、目明きとは別の幸せだという話を思い出しました。

もう一つ、最近まで見ていたドラマのこと。
「遥かなる絆」  これも実話。
中国残留孤児だった父をもつ城戸久江さんが、父のいた中国に留学し、
父を追体験していく話。
 ”城戸久江さんのノンフィクション『あの戦争から遠く離れて』をドラマ化。日中国交回復前の1970年、自力で日本への帰国を果たした残留孤児の父と、その娘の物語です。”・・番組宣伝より

演じた鈴木杏がとても素直な演技でよかったです。
そして、どんな民族にも敵同士でも憎みとは別に愛や友情があることもわかります。
中国で、あの文革のさなかに日本国籍を表明し、大学進学をできず、
土方の仕事をする若き父とその友人たちの友情。
湖に落とされそうになった、小さな男の子を引き取り、育てる中国の母。
よかったですよー。本屋には3cm厚さの本になっていました。

いずれもいい大人の家族全員で見ております。
中国の話は、文革や戦争を知らない子どもたちにはいい歴史勉強になったよう。
ウツの話は・・ハイ、共感しちゃうところいっぱい。
[PR]
by ginsuisen | 2009-06-11 10:49 | こんなことあんなこと
伊勢佐木町・文明堂
c0092027_16183156.jpg

あれれ、調べておいたはずなのに、目的の映画は、既にはじまっていました。仕方ないので、伊勢佐木崎町モールを黄金町から関内まで歩きました。青江三奈の伊勢佐木町ブルースの通りです。

この伊勢崎町・ブルースが流行ったころは華やかだったのでしょう。
アメリカ食材を売っている店、有隣堂本店、松坂屋、横浜のおせんべい屋さん、映画館、
ヘビヤ・・ダンス用の服の店、食器屋などなど昔からの店が並んでいました。
私が始めて行ったのは、かれこれ30年前。
まだ、なんと、白塗りのメリーさんをみかけたりしました。
当時は「あっちは、女の子が歩くとあぶない・・」という通りもあったのです。

ま、今もね、黄金町から行くと怪しい店もあります。

でも、松坂屋横浜店は閉店し、シャッター店になりました。
なんとなく、さみしい町になりつつあります。

そんな中で、我が家の愛用店が、旧松坂屋の並びに建つ、文明堂・LE CAFEです。
ザラメたっぷりのカステラに珈琲もいただけます。
また、ドラ焼きにお煎茶も。
でも、最近のお気に入りは、この写真のパステル。
ドラ焼きの皮が焼き立て熱々でお皿に乗ってきます。
バターかシロップか生クリームを選べます。
これがなんとも美味しいので、娘もお気に入り。

本日は、映画に振られた私は珈琲セットでいただきました。

天井の高い、昔ながらの喫茶店です。

以前、夫といったとき、なんとスリの現場に居合わせました。

文明堂茶館 ル・カフェ ぐるなび


なお、文明堂は関内の地下鉄から上がったところにもありますが、
それぞれ独立している店舗だそうです。
横浜文明堂と長崎文明堂もそれぞれ違うのだそう。
歌舞伎座の隣の文明堂にはパステルはありません。
[PR]
by ginsuisen | 2009-06-08 16:18 | お店で食事
ブリオッシュでパンプディング
久しぶりにブリオッシュを焼きました。
そのパンでプディングに。
c0092027_23295196.jpgc0092027_23302653.jpg


バターに牛乳、玉子は全卵1個に卵黄3個も入ったブリオッシュ生地、
宮川先生伝授・相原先生の冷蔵発酵のパンで作ります。
それをまたまた、牛乳+全卵1個に卵黄2個のプディング生地につけて、型に何層かにして入れて、
蒸し焼きします。表面にラム酒漬けのレーズンを乗せて焼きました。
できあがりに、上にカラメルソースをかけて・・。

あー、なんとぜいたくなプディングでしょう。
夕飯前というのに、焼きたてを食べる人はー?と聞いたら、
夫も含め、みんな食べるというのです。
熱々をいただきました。
家庭だからこそのぜいたくお菓子です。

このブログに宮川先生のことを書いたおかげで、
宮川先生を思ってくださる方hiyokoさんからコメントをいただきました。
宮川先生のことを思ってくださる方がいる・・とってもうれしかったです。

ブログって、すごい。
そして、故・宮川先生の「手作りお菓子への情熱」と、
その業績のすばらしさは今も多くの人に与えているということに、いまさらに感動です。
[PR]
by ginsuisen | 2009-06-05 23:38 | お菓子
このごろはまっているのは 焼きアスパラに 筍のあく抜き
このところ凝っているのは、アスパラグリル。
なんのことはない、アスパラを生のまま網で焼くだけです。
上等オイルをかけて、塩だけ・・ポクポクとしてアスパラの美味しさを満喫できるんです。
c0092027_11342815.jpg

JA市場で購入した紫アスパラ。


今年は筍もずいぶん食べましたー。筍ご飯に煮物。市場で取れたてがあるんです。
c0092027_1137644.jpg
分とく山・野崎さんの新提案による、大根おろしの汁につけ込むアク抜き法。
簡単で、しかも、筍本来の美味しさも残り、しかもえぐみはなし。
ぬかでゆでる手間もいらないので、本当に楽。

*筍は皮をむいてしまう。全部!それで、適当な大きさに切る。
 大根おろしの汁(だけ!)を2倍の水で薄める。塩を少し加える。
 そこに筍を漬け込む・・約30分くらい(そのまま冷蔵庫でもいい)
 これをさっと水で洗って・・筍ごはんや若竹煮に。多めの場合は、さっとゆでて、塩を少し加えた水につけて、冷蔵庫保存します。


 取れたて筍の味が町で味わえます。この方法は、大根おろしの酵素が、植物のアクを抜くということだそう。 実山椒などもいいそう。ぬかは、無農薬のものを手に入れるのは大変だけど、大根おろしなら簡単です。
 しかも、ふだんの大根おろしの汁だけ、冷凍して取っておいたものでもいいとか。
 すごい、新方法。さすが!



c0092027_11401188.jpg
山椒の葉も市場でたくさん出てました。一袋100円。
葉は使うのは、ちょっと、かなり残ります。
そこで、去年冷凍しておいた実と塩味に煮ました。
なかなか、いいですー。
納豆に混ぜたり、ごはんにのせたり、大根や蕪の葉の炒り煮に入れたり・・
[PR]
by ginsuisen | 2009-06-04 11:43 | 家の食事