大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
見てきました ドキュメンタリー映画「小三治」
c0092027_13192592.jpg



saheiziさんのブログで知った映画・「小三治」をやっと見てきました。
あの、横浜のディープな映画館、ジャック&ベティです。
朝の10時半からの1回だけの上映。

小さな映画館なので、見渡せる客席はまるで寄席のよう。
笑うところも、落語のつぼをよくご存知のところでおきます。

落語に詳しくない私は妙なところばかり見てました。
中でも、とても興味深かったのは、小三治さんのリュック。どこにいくのもいつも背負ってます。
あの中には着物は入ってないような。
で、衣装は、楽屋に用意してあるのでしょうね。
いつぞや、池袋の楽屋口で見かけたのと同じような、帽子に藍染めのチョッキであらわれたときは、
なんとなくアーティスト・小三治さんのようですが、
さすが、着物を着て、羽織をお弟子さんに羽織ってもらった瞬間に、
小三治師匠でした。
そう、ほんとうに芸人!
夏の絽の着物のとき、秋の合いもののとき・・あの家紋はなんでしょう。

話題の「うた・ま・く・ら」では、タキシードのようなシャツに、でもタイではなく、
シルクか何かのやわらかいマフラーでした。これも藍染め?
マフラーは何本持っているかしら・・なんて思ってしまいました。
シルク風や織物風など、結構民芸調でした。
誰が買ってくるのかなー。お嬢さんかなー。
そのときの楽屋に来ていた、お嬢さんもそっくりなきれいな方でしたー。
あと、お兄さんのお嫁さんも。

それから、楽屋食卓の上の、おまんじゅうやおにぎりや鯛焼きなどなども。
それから、いつも桐の箱の納められている蓋つきのお茶碗・・あれは有田?
それから緑の飲み物・・あれは、青汁系?興味深々なミーハー目線で見てました。

扇橋さんと温泉での裸姿も・・うーん、おじいさんの裸でしたねー。
姿はおじいさんでも、かわいい少年二人のような。

そうして、三三さんの襲名披露のとき、よかったですねー。
三三の一生懸命な目が師匠を信頼しているのがよくわかりました。
未来よ!という感じで。

それから、話題の鰍沢。あの苦しみように見ているほうが熱くなります。

映画の演出もすばらしかった!

ドキュメンタリーの難しさを超えた、あったかいカメラの目線と小三治さんが一体になった映画でした。

よかったです、見に行って。4月にはまたアンコール上映があるよう。
またいっちゃうかも。

c0092027_13381313.jpgc0092027_13382824.jpg

映画館のビルの1階にある中華屋さんでランチしてみました。
ネットで検索していたら、美味しいとあった店。
なんと・すごい、福健と四川料理がメニューにいっぱい。アヒルの舌とか牡蠣のお好み焼きなどなど気になるものがいっぱい。でも、この日は一人なので、定食の麻婆豆腐かけごはん・スープ、デザート(亀ゼリーでした)つきに、水餃子を頼んでみました。そうしたら、すごいボリューム。
店のTVでは、WBCの放映。ひりひりの口で美味しく食べました。


映画館は、ここ→ジャック&ベティ
4月11日からアンコール上映は、10時からの1回上映。この時間、年寄り向けかな。
横浜の地下鉄、ブルーラインで坂東橋から徒歩7分。駅からは近いです。
阪東橋から私の好きな横浜橋商店街が右ならば左の反対方向へ歩いていくとあります。
あとは、関内から伊勢崎町通りをずっと歩いてくれば、15分かな。

映画館からの帰りには、もちろん、横浜橋商店街で買い物をして帰りました。
[PR]
by ginsuisen | 2009-03-25 13:19 | 感激・舞台
サンドイッチ
c0092027_12474226.jpg

銀座に出たとき、あまりおなかかすいてなかったりすると、案外困ります。
ランチブログで知った、サンドイッチの店が、そんなときに重宝します。
いろんな具から二種類の具が選べて、コーヒーつきで、830円。
パンをトーストすればプラス20円。
本日は、ハムと玉子、トーストしました。玉子は出来立てふわふわ熱々です。

なんとなく、昔の銀座や有楽町のふんいきがそのまま残ったような店。
オジサンウエイターにオジサンシェフというかコックが作ってくれます。
もちろんね、バターではなくマーガリンかな、
で、スクランブルエッグにも少し化学調味料の味がありますが、
できたてのうれしさがあります。

「はまの屋」・新有楽町ビルジング地下です。駅前なのがうれしいです。
[PR]
by ginsuisen | 2009-03-07 12:47 | お店で食事
ドラマ 「ありふれた奇跡」見てます
あんまり、連続ドラマとかは見ないのですが、
この1月から始まった、フジテレビ開局50周年ドラマ
山田太一の何年ぶりかの書き下ろしドラマを見ています。

なんでもない家族、どこにでもいそうな家族、しかし、中に入ると、それぞれの事情がある。

第1回は、ある駅で、ヒロイン・仲間由紀恵が、なんとなく見かけた男が気になり、なんども階段を降りたり登ったりし、ホームの男が気になるシーンから始まる。そして、ホームにやはりめぐり合わせた青年と、その男が電車に飛び込むところから、物語は始まる。
ありきたりの男と女の出会いのようで、そうでない。
青年もヒロインもともに、心の奥に、自殺の経験がある。
しかし、それぞれの理由は明かせない。

いきなりの不幸からはじまり、幸せへと運びそうで運ばない。

2回目以降から、それぞれの家族の秘密があかされていく。

HPの山田太一のインタビューによると、1年に3万人いるという自殺者。
その誰もが、どこにでもいる人で、ちょっとした悩みからのことがある。
それを描きたかったようだ。

熱血営業マンの会社に就職した、青年・翔太(加瀬亮・・彼がいい)が、そうした組織の中で耐え切れず、自殺を計る。
今は、祖父の家業・左官屋をしている。
地方から来ている左官の先輩は、あの「ちりとてちん」の松重豊!
彼を見つめる、祖父・井川比佐志がまたいい。
まさにあたたかい無関心の関心の仕方だ。
父は、妻に逃げられた男、風間杜夫だ。
こっけいなまでに、父を演じているいるが、ストレス解消の仕方が、あまりにもユニーク。
その逃げた妻は、なんとキムラ緑子さん(ちりとてちんで、仏壇屋)。これがまた実に軽妙な
夫婦だ。

ヒロインは、キャリアウーマン。バリバリとプロ使用の厨房設備を実演販売している。
だが、どこか秘密を抱えている。
それは、いずれ、両方の家族を巻き込んでいく。
父・岸辺一徳は、まったくのエリートサラリーマン、黒ハイヤーで移動可能の立場。
だが、秘密を持っている、その趣味が、翔太の父と同じ!
母・戸田恵子さん・・こちらも秘密アリアリ。
自宅で人形作家の先生をして、展覧会なども開いている。
そして、同居のお祖母ちゃん・八千草薫。
何もかも、わかっている立場。年齢の重み、見抜く力がある。
しかし、彼女がまた、トラブルの原因となる愛あるおせっかいをする。

当初の評判では、仲間由紀恵が、台詞が棒読みだとかだったそうだが、
我が家は、大ファンなので、それが彼女のよさと気にならない。

むしろ、本当に、どこにでもいそうな家族に、悩み、苦しみがある・・
そんな描き方に癒されている。
どこの家族にもありそうな起こりそうな・・。
そして、何よりも、台詞の淡々さがうまい。
無理のない会話、無理やりの見せ場がないのがいい。

木曜10時からです。HPはこちら→

あと2回か3回で終わってしまう。さて、結末はどうなるのだろう。

井川比佐志さん、すごくいいですー。
あと風間さんも。
そして、もちろん加瀬君も。
八千草さんも。
無口の松重豊も。

More
[PR]
by ginsuisen | 2009-03-05 22:05 | こんなことあんなこと