大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
野菜到着
c0092027_16155979.jpg


先日の「ぼくの農場」さんとは別のところからも野菜を取り寄せしてみた。
こんどは、こんな感じ。
これで、だいたい1000円。
ていねいに、広告紙で箱を作って、一つ一つ、説明書きもついている。
メキシコ原産の小さなトマトも入っていた(奥の小さなパック。ガクが大きいけど実は小さい)
なんだか、なつかしい味のトマトにきゅうり。金時草なんてめずらしい菜っ葉も。
指示通りに天ぷらにしてみたら、美味しい。
茄子も小ぶりだけれど、揚げ茄子にすると、皮はしっかりしているけど、
中はふわふわ。
ていねいに野菜作りをしているのがわかる。
微々たることしかできないけれど、応援したい。

野菜はポコアポコ農園・こちらがブログ
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-29 16:15
新大橋 山登 秋刀魚ご飯
c0092027_2203042.jpg

ちょっと知り合いの店・新大橋の「山登」(ヤマト)が新装開店で行ってきた。
名物の秋刀魚ご飯が用意されていた。このあと骨を抜いて、青ネギたっぶり乗せてほぐしてくれます。お焦げがおいしい。
ここ、日本酒好きにはうれしいお店かも。
るみこの酒もあります。
神亀も、もちろん、竹鶴も。
けっこうカッコイイ作りになって、がんばっていました。

よければ行ってください。

山登

詳しい地図入りの山登
東京方向から新大橋を渡り、最初の信号右折。右手2軒目くらい、畳屋だかの隣。
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-25 22:00
食べられるホウズキ
c0092027_9574873.jpg

小淵沢の「僕の農場」さんから届いた、食べられるホウズキ。甘くさわやか。
ずーーッと以前に、パリの三ツ星レストランで飴がけしたものを食べたことがある。
そのとき驚いたのなんの。ほうずきが食べられるなんて!
ほうづきにもいろいろ種類があるのをそのとき知った。
以来大好きになったが、日本ではなかなか、見掛けなかった。
自然食品店でみかけて植えたこともあるが、2年ほどで消えてしまった。
久しぶりの味、日本の農業も変わったのかな?
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-21 09:57
プルーンで ヴァレーニエとモールス
c0092027_10423129.jpg


ロシア式ジャム ヴァレーニエを作ってみた。
プルーン10個ほどで、小さなビン二つ。残り上澄みに水を足して、ジュース・モールスができた。きれいな赤!さわやかなプルーンジュースが、暑い朝にぴったりだった。
お砂糖も、甜菜糖を使用。ウン、なかなかいい感じ。さっと煮るだけ。皮ごと、種ごとです。
あとで、水を足してモールスにするときに、種と皮をこしました。

こういうときに、足す水は浄水器のものなので、安心!
ちょっと自慢ですが、流しの下に取り付けている浄水器は逆浸透膜のもの。
トリハロメタンやらなんやらも完全濾過してくれるもの。おひたしやサラダの最後の水洗い、素麺の最後の水かけも、これです。
NASAで開発されたものを、日本の女性企業家が、日本の台所事情に合わせて、私財を投げ打って、研究開発されたすぐれものだとか。もう10年近く使っている。
確か、あそことかあそこの病院でも使っているとか。末期病人がなかなか受け付けないクスリもこの水で飲むと、ちゃんと体に入っていくのだと聞いた。何しろ、金魚が死なない。ポットの中が常にきれい!・・レレレ。浄水器自慢になってしまった。ごめんなさい。
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-19 10:42 | お菓子
ロシア料理 ビーツで作るピンクのサラダ
c0092027_1025733.jpgc0092027_1031289.jpg


色水遊びではありません。ゆでたビーツをマリネして、
粉ふきいもと合わせて、ヨーグルトサラダに。ポテトがアナタ色に染まりました。
ビーツにはじゃがいもがつきもののよう。
一緒に、ロシア式、クレープブリヌイと食べまーす。
ビーツがさわやかな酸味になっていて、
美味しい!ビーツは食べる輸血剤とか、血液サラサラ野菜。

ビーツ、もっと日本で作れば、安くなるのですが、現在1個350円くらい。
でも、安い店も発見!ロシア大使館近くらしいです。
これも需要と供給の問題。
ルッコラもバジルもかつてはそうだった。
みんなで食べよう、ビーツ!

ところで、プーチンはサンクトペテルブルグの生まれ。ダーチャ(菜園)も近いのかなー。
どんなダーチャでしょう。プーチンの好きな釣り場もある?
なーんて、ニュースを見ながら思いました。

グルジアとロシアが悪化。
ロシア人はグルジアワインが大好きなんだそう。どうするんだろう・・とはロシア料理の先生の弁。

食から世界を見る・・
大げさだけど、ロシア料理が身近になって、
改めてキョロキョロ見ると別の面が見えてきますね。
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-15 10:28
朝はシチリア人のように グラニータ
c0092027_733784.jpg


先日、超、超暑い日。
仕事で打ち合わせに出向いた先でいただいたのが、
カフェのグラニータ。
彼女、朝には、レモン(リモナか)のグラニータをヨーグルトに入れていただいているとか。

そういえば、シチリア人は、朝にはエスプレッソのグラニータをオメザにしていると
聞いたことがある。

で、作りました。

濃い目のコーヒーに少しの砂糖を入れて、凍らせ、フォークでカキカキを何回かする。
それだけ。
砂糖が入っているので、カキカキも可能。砂糖なしだと、カキーンと凍ってしまうので、
砕けない。
ちょっと最後にミルクを入れれば、カフェラテになる。

要は、カキ氷ですな、ハイ。
と思って、抹茶グラニータも作った。あんこをのせれば、宇治金時もどきに。
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-14 07:03 | イタリアン
豆腐揚げ団子
c0092027_1344020.jpg


豆腐揚げ団子
中華菓子の芝麻球みたいなお団子。中に、バナナとあんこ入り。生地は豆腐と白玉粉。

夏の分とく山・料理教室の甘味。

この日は、豆腐つくし。精進料理でした。

「冷たいものを飲むとかえって、汗をかく」は、野崎さんの論。
体の中で体温を下げないようにエネルギーを放出するため、汗をかくそう。
そんなわけで、お茶は、熱いお茶が出た!
しかし、外は記録的な猛暑。やっぱり冷たいのを最初はクイッと飲みたかったー。

大豆と切干と高野豆腐と干ししいたけで、とった精進出汁の椀が美味しかったなー。
あと、お粥も。

このあとの猛暑の移動でも、不思議と、体が心地よかったです。さすが!
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-10 13:04
ボッサム~韓国行きたーいに
c0092027_19351287.jpg


いやー、ちゃんと撮ったつもりが、やっぱりてぶれ。携帯で撮って、すぐにブログに載せられるのだということを友人に見せたくて、載せたのだけれど・・何がなにやらですね。

韓国料理のポッサム。
塩豚のゆで豚と、白菜のプレキムチ(発酵味がなんともいい)、に大根の細切りキムチ。
これを全部合わせて、韓国みそをつけていただく。
このみそが美味しかったー。

それから、松の実お粥も。

参鶏湯も。なかなかどうして、いいお味。どちらかというと、宮廷風の上品味とお見受けした。

まだ、入門したての我々は、どっぷり落語漬けの友人二人から、聞く話も新鮮。

落語もまた行きたいしと話しているうちに、結局美味しい、韓国料理におなかいっぱいに。
で、みんなで韓国行きたーいになった。

小さな町のおもいがけない美味しい店との出会いも楽しかったー。
雑貨屋、荒物屋、かまぼこ屋さん。

もうちょっと涼しくなったら、再訪したい、東京にまだこんないい町があるうれしさ。

しかし、猛暑。
蒲田から麻布十番から江戸川橋へのこの日、あせもができそうだったほど。
銭湯に入った友人の気持ちよさそうだったこと。


収穫 麻布十番で安いビーツ、 たい焼き 手作りさつまあげのいろいろ
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-08 19:35
いいナスで作るとナス色がいい
c0092027_102026100.jpg


日吉レ・フレッチェの大矢シェフのところには、
このごろ、野菜も売っていると「どんみみさんのブログ」で知って、
早速ランチに行って、ナスを購入。
若い人が、農業をはじめて、がんばっている成果だそうだ。
その茄子を油焼きしたら、見事な茄子色、茄子紺だ。

こんど、ここからお野菜を送ってもらうことにした。
ちょっと楽しみ。
有機野菜のパック買いはいろいろある。
近くの畑のおばさんの野菜もある。
いままで、何度か、こういう野菜を購入しては、
途中挫折(同じ種類ばかりとか、処理しきれないとかで)しているが、
めずらしく、購入する気になった。

この茄子を作っている人のブログもある
ぼくの農場
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-03 10:20