大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:散歩ほか( 17 )
桜です
c0092027_8412722.jpg
咲きましたねー。

梅見の一週間後に、同じお寺に行ってきました。
しだれ桜で有名なんです。
俳優のUさんの実家でもあるらしい、由緒あるお寺の、門構えの屋根には三つ葉葵の紋があります。



c0092027_8404677.jpg



今年は本当に遅かったですね。

これから、我が家の歩道は、八重桜が咲きます。
また、ピンクの花びらロードに。

花粉もあと少し。散歩復活できそうかな。
[PR]
by ginsuisen | 2012-04-10 08:41 | 散歩ほか
名残の桜
c0092027_22404120.jpgc0092027_2241537.jpg


日曜はいい天気でした。近くの散歩道の桜もがんばってまだ咲いてました。
この道には、花見客の多い都心の公園よりも静かでいいです。
わずかに小学校前でサッカー待ち?の親たちがブルーシートを敷いて花見宴をしていただけ。
土手の下水道局の桜も満開でした。
今年は温かいなーという翌日は冬、その翌日は初夏、そしてまた寒さぶり返しで、
桜も大変ですね~。

少し、時間が取れて、見たもの覚え書

●映画 
「やさしい嘘と贈り物」・・身につまされる認知症の夫とそれを陰で支える妻と娘と息子の話。
内容を知らずに見てしまった!多分、知っていたら見に行かなかったかも。
「NINE」・・娘が興奮していたので行ってきました。フェリーニのあの「8と1/2」(分数のパソコン表示はむずかしい)のミュージカル版。「8と1/2」も難解だったけど、このミュージカルは派手さと歌でわかりやすさはあるけど、ちょっと疲れたかなー。ソフィアローレンの偉大さにバンザイの映画でした。

●家のTV鑑賞
「大統領の陰謀」・・・先月NHKBS放映で見て以来、我が家はニクソンブーム。
改めて、この映画のすごさに感心した。
ロバートレッドフォードは、ワシントンポストでウォーターゲート事件を報道し始めた当初から、映像権を申し込んでいたという。そして、ダスティンホフマンも同時にアプローチしていたという。その2人が主役なのだからすごいねー。で、編集長役の靴がグッチだったり、ダスティンホフマンのデスク横の自転車のホイールや、新聞社内のデスクや椅子が部署によって、赤、紺となっているのもおもしろかった。ロバートレッドフォードの部屋に飾ってある絵がベンシャーン?とかコーヒーカップがアラビア?だったり・・

同じくBS
「リクルート」・・これCIAの新人スカウトの話。アルパチーノです。仕掛け仕掛けでどこまでほんとかわからないけど、さもありなんかなーって感じ。盗聴もしちゃうよね~って。

レンタルDVD
「フロスト×ニクソン」・・ロンドンのコメディ司会者が辞任後3年目のニクソンにインタビューした本当の話をあたかもドキュメンタリーで撮っていた風に作った映画・・知らなかった~。しかもロンドンで200回も舞台があったとか。日本でも最近舞台をしたみたい。その同じ配役での映画化。有名どころはケビンベーコンのみ。たくさんの有名スターからオファーがきたとか。
監督によるオーディオコメンテーターがおもしろかった。低予算なのに、当時と同じ高級ホテルを借りたり、
パーティのエキストラが足りなかったので・・人形でごまかしたなどなど・・
フロスト役は「クィーン」でブレア首相役のマイケル・シーン。

この3つで、ニクソンの辞任前後をお勉強した気分に。

あ~外は春なのに、我が家は困ったもんですね。

おまけに、ニクソンが3選したら・・なんて架空のお話の「ウオッチメン」なんて恐ろしい映画まで見させられました。
[PR]
by ginsuisen | 2010-04-12 22:41 | 散歩ほか
しだれ桜
桜はあっという間に散ってしまうからいい・・という話を先日聞きましたが・・そうかもしれないですねー。
今年はしだれ桜に間に合いました。
40分ほど歩いた先にある、小机城時代から御用のお寺です。
大きな古木で、お寺の人の話では、3月のお彼岸のころはピンクがもっと濃いとか。
いつもうっかり逃して、散ったあとにいくのですが、今年はセーフ。
前日、夫が散歩に行き、満開だったよというので、行った3月30日月曜。
c0092027_16353029.jpgc0092027_16362361.jpg

苑内に大きなしだれ桜、その奥のお墓のところにもあります。
c0092027_1636379.jpgc0092027_16365092.jpg
c0092027_16371591.jpg臥龍山雲松院といいます。別門には六地蔵が左右に並んでいます。

梅の季節には、また立派な梅もあるのですが・・・
何しろ花粉の季節。なかなか間に合いません。
[PR]
by ginsuisen | 2009-04-09 16:40 | 散歩ほか
すごいですねー。熱烈ファン!
c0092027_1745362.jpgc0092027_1751651.jpg

c0092027_1728140.jpgc0092027_17282227.jpg


散歩中ふと駐車場を通りかかったら、すごい車たち発見。
ファンもここまでとなると見事ですねー。
あんまりきれいで見事なので、撮影させてもらいました。
[PR]
by ginsuisen | 2008-06-10 17:08 | 散歩ほか
葉山で遭遇 貴人は大変ですな
連休前の土曜日のこと、葉山まで行って来ました。
途中、気がつくと、あれれ、なんだか警察が多いなー。
パトカーや棒を持った、名札つき(神奈川県警)の人が、
信号や、コンビニなどのあちこちにいます。
サスペンス好きの娘と、事件?事件?
ニュースになってない事件?凶暴半が逃亡?なんて、どきどきしながら
いつものTANTO TENPOに到着。風早橋の交叉点にもしっかり警官がいました。
かなりお年の非番の人も借り出されている感じです。
TANTO TENPOのドアを開けて聞きました。
「何があったの?」
「え?」
「警察がいっぱいだから・・」
「あー、いらしているのよ」
「え?」
「天皇皇后が・・。多分もうすぐ帰られるのでないかなー。昨日近所の人に誘われたのよ、
いつも寄るスーパーに見えるらしいから行こうって・・」
そうですか、御用邸帰りの警備だったのですかー。
で、クッチーナで、キッシュなど頼んで、お茶していたら、見える交叉点がにわかに活気づいたと思ったら、黒塗り車が来ました。
窓をあけて、美智子妃、手を振っていましたー。
思わず、手を振る、私と娘・・なんというミーハー!
この思わず・・は、なんだろうと思ってしまったが、確かにオーラがあるんだよね~、
あの方々。
大変だねー、天皇家は。オチオチ車でゆったりグテーもできない。
沿道中、ニコニコ手を振らねばならないのだから。

c0092027_1813298.jpgc0092027_18133237.jpg

左は、お帰りになったあとの葉山御用邸近くのいつもの海。
右は、TANTO TENPOのキッシュ。なすやナッツなどたっぷりでスパイシーでした。
娘は、プリン。夫はラザニアだったかな。相変わらずカプチーノ美味しかった!
おみやげに買った、生ハム、サラミも美味しい!
やっぱり、真空パックではなくて、切り立てだから美味しいんだねーということで納得。
[PR]
by ginsuisen | 2008-05-14 18:27 | 散歩ほか
もう一つの薬師寺展
上野の薬師寺展・・実はまだ行けてません。

娘と夫は連休前の2日に休みが取れたので、行ってきました。
なかなかよかったようで、感動していました。

で、私は、薬師寺別院が五反田にあって、「もう一つの薬師寺展」というのをしているので、
夫を誘って無理やりいってきました。
五反田・池田山というお屋敷町にあります。
桜並木(葉桜の緑が心地よかった)のダラダラ坂を上がったところに、
マンションのような建物がお寺。
でも、中は、清潔感の伝わる心地よい空間でした。
以前は、ある方のお屋敷だったところで、それを寄進されたものとか。

廊下の突き当たりに、十一面観音像が三体。平安時代と奈良時代のもの。もう、木像の色付けははげていますが、やわらかな体の曲線とやさしい雰囲気が、目の前にありました。
手にさわれる位置にあるのがありがたいくらい。
次の部屋には地蔵尊や文殊、弥勒菩薩、吉祥天が祀られています。法話が始まってました。

修学旅行でかつて聞いた、高田後胤さんのお話のようにわかりやすい、
薬師寺らしいお話。

同じ水でも、蛇が飲めば毒に、牛が飲めば乳に・・
気持ち次第だ・というお話だ。

薬師寺の天井板もここでは目近く見られる。

弥勒菩薩さんたちの場所には、ちゃんと外の明かりが差し込むような演出。

先日見たNHKの薬師展の番組で知った、あの本堂がどうやって再建されたかを思うと、
この近代建築の中の寺のありようも、先を見据えた、考えだったのではないかと思った。

上では写経の部屋も。たくさんの方がしてました。
本尊さんも安置されいて、そこで、直接お祈りもできる。

特別の寺ではなく、身近に身近に祈りの場を提供しているのだなと感じた。

七夕には古式の七夕を祀るそうです。

c0092027_9235112.jpgc0092027_924882.jpg

左は平安時代の十一面観世音、右は奈良時代。やさしいあたたかさが伝わる。
c0092027_9242976.jpgc0092027_924468.jpg

左は、講話室の弥勒菩薩さん・きれいでした。右は別室にケース入りであった、大津皇子座像。この大津皇子さんは、天武天皇の第三皇子で、天武天皇死後、第一皇子草壁皇子に謀反を起こしたという罪で、持頭天皇から死を賜り、后も殉死したとか。何時の日か、その鎮魂の思いから寺の僧が作ったものと伝わるもの。20数片の木で組まれている見事な作。

c0092027_925942.jpg帰りに恵比寿の写真美術館へ。マリオ・ジャコメッり展の最終日だった。見られてよかった。美術館入口の大きなポスターを撮影。なかなかすごい写真がいくつも。特に、畝を任意に作成して、何本もの畝の線を描いたものがよかった。
また、対となっているような「ホスピスの老人が何人か椅子に座っているもの」「立ち去ったもの」・2枚の写真は、あたかもまだ生きている人生とあの世への旅立ちを見せているようにも思えた。

熱いような連休最後の日。外は気持ちのいい風だった。

五反田の薬師寺、また行きたいと思っている。
[PR]
by ginsuisen | 2008-05-07 19:05 | 散歩ほか
なつかしい路地 ラドリオとミロンガ
c0092027_1746293.jpg



広島に行く前の土曜日、神保町へ行った。
そのときに、うろうろと回る。
夫は神保町になじみがないので、初めて体験。
今の神保町を知っている娘と息子。
私は、かれこれ、四半世紀前に近い思い出とともに。
なつかしい路地。
ミロンガが右手。左はラドリオだ。
学生時代は、○○のたまり場だった。ここのウインナーカフェが美味しかったなー。
ちょっとケバイお化粧の大人のお姉さんがカウンターにいた。
夜はバーとなって、大家書房の旦那なんかが止まり木に座っていた。
夜、一度だけ、来たことがあったっけ。

会社に入ったら、先輩たちのたまり場でもあった。

ミロンガはちょっと大人の雰囲気で、学生のころはあまり寄らなかった、というか、人目をしんでの内緒話のときだけ、寄った。
三島の事件の日、国文の授業が休講になり(私は、国文科の友人に
くっついて自分の授業でもないのに、その場にいた。事件を聞いた教授は
バタバタと休講にした)、
50ccバイクで市谷まで見に行った友人をここで仲間たちと待っていた。
歴史の中で、自分たちがいるのを感じた。同時に、三島を理解できない自分たち。

そして、世の中に出て行った私たち。

録画しておいた「小さな中国のお針子」を見る。
以前に映画館で見たものだけれど・・
1971年から2年の出来事・・文革の時代。
私たちが、ダラダラと神保町にいるころと重なるのだと改めて思った。

神保町の岩波書店がない。
老夫婦がやっていた喫茶キャンドルもない。
ハトヤもない。四川飯店もない。
小川町のエスワイルもない。
平和堂靴店もない。
もちろん、大学もいくつか移転している。

まつやまで歩いていく間、店は変わっているのに、変わらないビルの大きさだ。
蕎麦屋・まつやで家族で、ザル、ゴマそば、ヤキトリを食べたあと、
竹むらへ。
夫はもちろん、初めての店、甘いものは苦手というので、磯辺巻きに。
私たちは、粟ぜんざい、三つ豆、揚げマンジュウ。
ここで揚げマンジュウをたべずしてなのだ。
竹むらの建物は、重要指定になっていた。そうだねー。維持してほしい。
[PR]
by ginsuisen | 2007-10-26 17:46 | 散歩ほか
朝顔咲いた
c0092027_10481965.jpg


朝顔市に行きたいと思っていたのだけれど、行かれなかった。
仕方ないので、近くの八百屋で売っていた1000円の朝顔。
やっと咲いた、小さな青い花。
どうやら小さい種類らしい。
[PR]
by ginsuisen | 2007-07-14 10:48 | 散歩ほか
21-21のチョコレート企画展へ これも格差というのか 
c0092027_12523337.jpgc0092027_1253214.jpg


先日、テレビで三宅一生さんのドキュメンタリーがあった。
六本木の東京ミッドタウンの一画に安藤忠雄さん設計の、「21-21」という建物が作られ、
そこが、これからのデザインに関わる人々の発信の場として活用・・ということは聞いていたのだが、その建築の過程と、チョコレートをテーマとした企画展についてが写されていた。
大きな長いガラスを入れる過程の大変さがおもしろかったのと、チョコレートの企画展に出品されている写真や、作品に興味が惹かれて、行ってみた。

六本木がすっかり様変わりしているが、
なんのことはない、昔の防衛庁だよねーと夫といいながら、到着。
そうか、ビルの上はリッツカールトンホテルなんだと、改めて納得。
たくさんの観光客。観光バスも来ている。
大きなリッツのビルを超えて、檜町公園に近いところにある21-21。
緑が気持ちのいい広場が手前にある。三角が特徴のビル。
娘は早速、外側からガラス面を見に。
夫は、塀の外にまだある、しもた屋(軒にパンツが干してあった!)数軒を撮影。

さて、目当てのチョコレート展に。

うーん、感想は・・
テレビを見ていても思ってはいたのだが、
これが現代の活躍している日本のデザイナー??と思うほどに、
チャチな作品ばかりが並ぶ。

いってはなんだが、チョコレートに関しては、我が家は全員、かなりウルサイ。
(毎年、クーベルチュールチョコレートを2キロは溶かし、その温度管理の大変さと
色艶の大切さ、香りを知っているのだから・・ネ)

もちろん、この展示会は、そんなチョコレートの味の品評会ではない。
誰もが知っているチョコレートをテーマに、
それぞれのデザイナーの世界観を、商品展開とは別に、
発表しようというものだ。
一生さんの肝いりで、「ヤロウ」と試みた心意気は感じる。
しかし、胸に訴えるものは、なんもない。

ただのチョコレート色をした、
しかも安っぽいチョコレート色(明治とか、森永とか、
決して、ちょうどよくテンパリングしたカカオバリーでもヴァローナでも、
もちろんヴェイスのチョコレートではない)をした、
チマチマした作品(学生みたいな)が並んでいる。

チョコレートの心臓もテレビで見たときは大きいかと思ったが、小さい。
銀閣寺も、手の中でクシャクシャと丸めたゴミかと思った。

最悪なのは、ポッキーをイメージしたものやアポロチョコ(食べたこともない!)なんかのもの。
チョコレートケーキができる工程を撮影したものは、いんちきもいいところ!
チョコレートを溶かすボールはガラス製じゃないんだよ!と、つっこみを入れたくなるくらい。
これだから、どこぞのテレビ局は、古いチョコレートを溶かして、牛乳と混ぜるなんて、
発想が浮かぶんだ!日本の下品なチョコレートは、不純物の塊だから、溶けないんだよ!なんてブツブツ思う。

さすがに、一生さんの作品は、チョコレートとは関係なく完成されていたけれど。

それでも、目的の写真はスゴイ!
このイギリスの写真家・ジェームス・モリスンは、一生さんに「あなた方が食べているチョコレートのカカオ1キロの値段を知っていますか。カカオを取っている農民のことを知っているか」と言ったそうだ。そういう意味で、いまだに戦火の中のコートジボアールのカカオ農民の姿を等身大以上のパネルで見せている。写真に引かれた1本の線の意味を、はじめ、送られてきた写真を見たときに一生さんは知らなかった。その線は、戦争で分断された線だったのだ。

それを知って、一生さんは、とても恥ずかしかったそうだ。
1日、21-21が休日の日に、その写真を改めて見にいったそうだ。
このことをテレビで見て、どうしても見たかったので、来たのだ。

17歳の少年がべたべたのカカオ豆をかかえている。
破けたシャツを着ている農民がカカオ豆を取る木の道具を持っている。
1キロたったの50セント。彼らの1日の労働は1ドル。
彼らは、あの甘く、誘惑的はチョコレートの味を知らない。
大きな実のベタべタした種が何になるかを知らない。

1000円を払って、入口で甘いチョコのタブレットをもらい、
日本のデザイナーのチンケな作品に腹を立てながらでも、この写真は見る価値はある。

あと、気になったのは、
まあ、せいぜい、世界の輸入%比較の鉛管と
外人デザイナーグループ?FRONTの作品の壷と、
なんだかわからないけれど、チョコの海にいるヌードの人たちくらいかな。
あと、ブロックのチョコレートの写真くらい。

チョコレートの歴史くらい調べてほしい。
かつて、クスリであったことがわかればイメージは別にいかないかい。
チョコレートが30度で溶けて、25度以下では固まってしまう特徴を知っていれば、
もっとおもしろい発想にならないかい。
チョコレートの服にチョコレートのアクセサリーにチョコおぼれの女の子を歩かせるとかでもいいじゃない。
ダールのチョコレート工場の秘密は読んだの?映画は見たの?
チョコレートは、なめし皮と同じように、政治的経済的な国と国との大材料であること。
日本の女たちが、馬鹿みたいにむらがっていること。
日本のチョコレートとスイスやヨーロッパで普通に売られているチョコレートの違いとかも
知っているのかなー。

それにしても、立派なお仕事をしているデザイナーたちが、いかに、貧困な世界観で、
日々の仕事に追われているかを見せてもらっているようで悲しくなった。
チョコレートに詳しくなくても、いい、でも見る側をひきつけ、考えさせるものがない。
チョコって、こうよね、甘いよね、こういう思い出・・なんて、私たちはびっくりもしない。

コレに詳しくは、きちんと批判したブログがありました。

なんだかすっかり、うんざりしたので、リッツのビルのほうへ。
下のフードコートでまたびっくり。
高級レストランとは別に、簡単に食べられる、デリが並んでいるのだ。
ラーメン、ベトナムフォー、おにぎりなどなど。
庶民がむらがっている。私たちもおなかがすいていたので、おにぎり屋によって、
食べました。でもねー、リッツホテルの下の階がこれかー・・・

名古屋も博多もどこもおんなじ。

日本ってなんだかなー。

考えさせる一日のしめくくりは、日吉へレ・フレッチェへGO
みせかけではない、こだわりのシェフの料理で、大満足になって帰宅しました。
[PR]
by ginsuisen | 2007-06-11 12:57 | 散歩ほか
昔なじみのツル薔薇
c0092027_10273532.jpg


なぜか、うちの庭に植えたものが、隣の庭にどんどんのびていく。隣のほうが居心地がいいのかなあ。このツル薔薇もその一つ。隣との垣根の際に植えたら、隣へ隣へと伸びていく。
子どものころからなじんだツル薔薇、実家から、まだ父が元気なときに苗をもらってきたもの。
実家の垣根いっぱいに咲いていた薔薇だ。花は思い出の色のまま。小さいが毎年咲いてくれる。

そういえば、父にもらった茗荷も、なぜか前のキャベツ畑へ伸びて、勢揃いしている。
そのため、茗荷の収穫なし。
今年は、場所を変えて、植え替えしてみようかな。
[PR]
by ginsuisen | 2007-06-08 10:27 | 散歩ほか