大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:イタリアン( 16 )
バーニャカウダも保存しておくと便利
c0092027_8494915.jpgc0092027_8502371.jpg


お能の記録を書く前に、ちょっと料理記事を。

この夏は、貧乏人のキャビアを作り置いて、結構便利しましたが、
もう一つ便利しているのが、バーニャカウダ。
バーニャはお風呂のことで、これは北イタリアの農家のお昼弁当によく食べられたもの。
要は、畑に、オリーブオイルのバーニャ(お風呂)を用意して、そこににんにくとアンチョビを入れてトロトロになったところに、生の野菜を漬けてちからめて食べる・・という料理。野菜がちょっとこのアンチョビオイルで温まるところも美味しいです。

某有名イタリアンのシェフの店で、前菜に出して、一躍有名になったけど、本来はあんなおまじないのような野菜の量ではなく、ドカンと籠いっぱいの野菜をつけて食べたものだと思うのです。

以前は、刻んだにんにくをオイルの中で煮て、やわらかくして、それを濾して作っていたのですが、この方法だとオイルに火が入りすぎ、しかも濾す作業は、アミが汚れるので、しばらく敬遠していました。
でも、最近、いい方法を知って、よく作っています。

レシピ)
1 小鍋で、まずにんにくを1カタマリを、牛乳と水半々の中に入れて、やわらかくボイルします。
2 次に、にんにくだけ取り出して、鍋に戻して、スプーンの背でつぶします。
そこにアンチョビ1缶分(小さい缶分・フィレにして4枚くらい?)を、加え、ハサミでチョキチョキ刻みます。
3 オリーブオイルをたっぷり注いで、ちょっと火にかけて、混ぜ合わせ、アンチョビが溶けて混ざればでき上がり。オレガノ、タイムのドライもちょっと加えます。
保存 これ、瓶に入れて、オイルをかぶるほど加えてオイルの蓋をしておき、パスタの下味に使ったり、ゆで野菜にかけたりと、いろいろに使えます。パンにつけても最高!

もちろんね、食卓に温めたバーニャカウダの器を真ん中に置いて、野菜(パプリカ、フェンネル、アスパラ、カリフラワー、人参、ポテト)をおけば、前菜にちゃんとなります。
持ち寄り食事会なんてときにも、すごく便利です。これ一瓶と野菜で、大うけになります。
バーニャ専用の温めるコンロ容器も近頃は日本で手に入るよう(私もイタリアから買って帰っていますが面倒なので出してません)。
チーズフォンデュ鍋もいいかもですが、熱くなりすぎるかな。
[PR]
by ginsuisen | 2008-09-21 09:13 | イタリアン
貧乏人のキャビア
ナスソースは、早く作りたいことから、皮をむいて、手早く火をいれるのですが、
貧乏人のキャビアは皮付きのまま炒めます。
c0092027_11253926.jpgc0092027_11255165.jpg

初めに5ミリ角にカット。それを水でさらしてあくを抜いてから、水をよく切ります。
たっぷりのオリーブオイルでゆっくり炒めます。
そのとき、唐辛子も1本一緒に炒めます。
ナスがトロッとなって、半分以下になるまで炒めたら、塩胡椒で味付けします。

c0092027_11274736.jpgそれをトーストパンにのせれば、ハイ、どうでしょう、キャビアみたいに見えますかー。パルミジャーノを乗せていただきましたー。
[PR]
by ginsuisen | 2008-08-29 11:29 | イタリアン
ご好評につき ナスソースのパスタです
みなさまにご好評のナスソースパスタの写真アップします。
きっとfukuyokaさんやつきのこさんの仕上がりのほうがずっといいと思いますが・・。

c0092027_11192397.jpg


まんなかあたりの薄い茶色のトロッとしたのがナスでーす。
[PR]
by ginsuisen | 2008-08-29 11:19 | イタリアン
ナスソースパスタ
写真がないのが残念、撮ればよかったなー。

この夏、気に入って作っているのが、ナスのソースパスタ。

ナスの皮をむき、5ミリ角くらいに切って、オリーブオイルで炒めます。
しんなり、とろっとなるまで炒めます。
そこにフレッシュなトマトをざくざく切って、バジルを散らす、それだけ。
これをゆでたパスタと合わせて、パルミジャーノをかけるだけなんですけど、
ナスがとろっとして、なかなかいい感じなんです。

こんど写真撮ります。
[PR]
by ginsuisen | 2008-08-25 15:38 | イタリアン
鯵のパン粉焼き
c0092027_23385244.jpg


毎度おなじみのパン粉焼き。今日は鯵です。中にはサッと茹でた細切りじゃが芋をパン粉(
イタリアンパセリとチーズ、牛乳でしっとりさせたもの)と一緒にくるみました。鯵の間には、フレッシュなローリエをはさんで。フレッシュなので、何枚もはさんでも香りがやさしくなります。周りに玉葱のスライスをのせて、オリーブオイルと チーズ、パン粉をかけてオーブンに。実は、これ、昼から2本だてのお能鑑賞のための今日の留守隊向けに用意しました。

c0092027_0261026.jpg

こちらが焼く前の、玉ねぎをのせたもの。

さてさて、お味はどうだったか・・
いつもより魚が太っていた。
じゃがいもがやわらかくて美味しかった・・だそうです。
[PR]
by ginsuisen | 2008-07-27 00:26 | イタリアン
夏です バジルです
暑くなりました。
暑さで頭ぼんやり~。打ち水したりしてますが・・
クーラーなしでガンバルのはきついです。
寝ているだけならいいけれど~。


c0092027_12461110.jpg遅まきながらバジルの苗を買ってきました。

c0092027_12471264.jpg
で、こちらは、お隣の庭のバジルを見て・・
「もうこわくなっているのではない?・・」と言ったら、
ペストジェノベーゼになって飛んできました。アリガタヤ。

ペスト・ジェノベーゼは、松の実やパルメジャーノ・レジャーノを入れて仕上げるのが本来ですが、そうすると、どうしても酸化しやすいので、
松の実やチーズは入れずに
にんにくとバジルだけをすりつぶしておくほうがいろいろに使えます。

先日も帆立のカルパッチョにちょっと散らしたら、ウン、いい味になりました。


スパゲッティにはじゃがいもとインゲンを一緒にゆでて、仕上げれば、
本場のペスト・ジェノベーゼになります。
パスタは本当は手打ちのショートパスタなんですよね、確か。
じゃがいもにペストがからんでいい感じなのです。
いんげんの食感もスパゲッティと相性いいです。
あー、ジェノバの風が吹いてきそう。
そう、ジェノバって、後は崖のある港街でした~。
で、大理石の採掘場が近くにあるんです。だからこのペストを作るイタリアのすり鉢は大理石なんです。


ペストはイタリア語、ペーストのことです。・・病気の名前みたいとよく言われました。
でも、ジェノベーゼとなる以上はペスト・ジェノベーゼなんです。
瓶で保存のときは、オリーブオイルをたっぷり注いで、オイルで表面を覆います。
平にラップに包んで、ジップロックで冷凍しておくと、パキパキと割って使えます。
牡蠣の上にのせて焼いたり、少し、野菜スープに浮かせれば、南フランスのスープ・ピストゥに。フランス語はピストゥなんです、おかしいですね。
このペスト、ほんとうに便利。
もっとバジルを育てて作らなくては!
[PR]
by ginsuisen | 2008-07-24 12:53 | イタリアン
たっぷりラタトゥイユ
近くにできた神戸のスーパー・イカリは、なかなかおもしろい。
魚も結構新鮮、パンも美味しい。そしてなぜかいつも床を磨いている社員がいる。
なんとなくお惣菜やお弁当などが美味しそうに並んでいる。
同じものでもこういうことで違って見えてくるから不思議だ。
そこで見つけたのがふぞろいのズッキーニというパック。
なんと生のブーケガルニもセットされている。
思わず買ってしまいました。
c0092027_174865.jpg
c0092027_1785273.jpg

かわいい小さなズッキーニ2本に、大きさいろいろが3本。これで360円くらい?
で、思わず、作りましたです。ラタトゥイユ。ズッキーニのほかに、トマト、ナスに、にんじんとキャベツも入れてしまいました。日本の野菜は水っぽいので、本来の野菜だけのうまみと水分で作る、確かに物足りない・・・で、作り置きのスープも入れて、キャベツの塩もみ漬け(もう2日たっているのでうまみが出てます)も入れました。
なかなか美味しかったですよー。

昨日は、さごしの葱ソテーに添えていただきました。
今日のお昼にはラタトゥイユのせごはん!暑かったので、ちょっとチリペッパーをかけて辛くしましたー。

まだ、残ったら、パスタかカレーの下地かな・・・

しかし、世の中変りましたねー。生のブーケガルニが添えられるなんて、
20年前には考えられないこと。
ズッキーニだって、普通に売られているんですから。
で、パックにはラタトゥイユの作り方レシピが付いてました。
日本の食も変ったもんです。

ラタトゥイユ・・野菜の煮込みなのよね。
明日はしょうゆ味の日本の煮込み作ろう!しいたけにれんこん、油揚げ入れて。
[PR]
by ginsuisen | 2008-07-17 17:09 | イタリアン
朝はシチリア人のように グラニータ
c0092027_733784.jpg


先日、超、超暑い日。
仕事で打ち合わせに出向いた先でいただいたのが、
カフェのグラニータ。
彼女、朝には、レモン(リモナか)のグラニータをヨーグルトに入れていただいているとか。

そういえば、シチリア人は、朝にはエスプレッソのグラニータをオメザにしていると
聞いたことがある。

で、作りました。

濃い目のコーヒーに少しの砂糖を入れて、凍らせ、フォークでカキカキを何回かする。
それだけ。
砂糖が入っているので、カキカキも可能。砂糖なしだと、カキーンと凍ってしまうので、
砕けない。
ちょっと最後にミルクを入れれば、カフェラテになる。

要は、カキ氷ですな、ハイ。
と思って、抹茶グラニータも作った。あんこをのせれば、宇治金時もどきに。
[PR]
by ginsuisen | 2007-08-14 07:03 | イタリアン
ボンゴレを冷凍してみると
c0092027_22413513.jpg

ボンゴレを冷凍してみた。
砂抜きしたシジミをした冷凍しておくと便利なのだ。
熱湯に入れれば、パッと口が空いて、しかも、貝の味が凝縮してウマミが一味違う。
で、それをアサリでトライ。

フライパンを熱したところにパッと冷凍アサリを入れて、蓋をする。
口が空いて、いい感じにボンゴレになる。
トマトと作り置きのジェノベーゼを入れて、もちろんパスタに。

なぜ、この方法をしたかというと・・日吉レ・フレッチェのあさりのスープが原因。
あさりが美味しい上に、貝柱がすべてきれいに取れていたのだ、あのスープ。
それに気づいたのは、なぜか我が夫。
私は、美味しいことと、スープが澄んでいて、潮汁のように、
白濁しないことにばかり気が行っていた。
なんで、白濁しないの?と聞いたら、
大矢シェフ「タマタマですよ、タマタマ・・」と
はぐらかされた(このときの様子。内心それに触れられ、
見抜かれ、嬉しそうだったとは、娘の弁)。

それはそうと、ウン、そういえば、柱がきれいに取れるねーと
先日娘とみんなで不思議がっていたのだ・・

で、いろいろ検索。
すると、ネットはありがたい。冷凍すると・・という研究成果が書いてあったのだ。

で、トライ。

成功!柱が簡単にスルリと取れる。

こんどは、スープに、してみよう。
白濁しないかも・・
[PR]
by ginsuisen | 2007-07-02 22:41 | イタリアン
フレッシュなチーズ
c0092027_1725175.jpg

できてから48時間という、超フレッシュなチーズ・ラヴェッジョーロを購入。
まるでパンナコッタのよう。ほんのりミルク(羊だ!)の甘みがある。
イタリアから空輸されてきたもの。
器にとって、スプーンでカットすると水分がでてくる。カットすればするほど、水が出るー。

春は羊の季節。出産が多く、子羊がたくさん生まれる。
イースターに羊を食べるのも、そのせいとか。
まずは、画像アップ。

あとで詳しく
と、思っているうちに2日も経ってしまった。

このチーズを紹介してくださったのは、チーズ専門店の「フェルミエ」社長の本間るみ子さん。
本間さんのチーズ講習会に先月参加し、あまりに美味しかったので、注文したのだ。

このチーズ、イル・フォルテート社というトスカーナの会社。パンフによれば「荒れ果てた農家やさびれた教会を建て直すために、志を同じくする仲間たちが集まり、共同酪農上を建て、チーズ作りをはじめました。素人の集団だったのが、努力が実り、会社は急成長しています」。
本間さんの説明によると、この農場には、ヨーロッパ中から、いわゆる社会で、うまくなじめない子どもや自閉症の子、障害のある子たちを引くうけ、自給自足の生活をして、10年経っているのだそう。決して、宗教の元に集まっている集団ではなく、ここでうまく自立し、外の社会にもどる子もいる。戻ってくる子もいる。楽しく、明るく、しかも、利益をきちんとあげて、いいチーズと酪農の原点を守っているのだそう。
本間さんはこうした会社と出会うと、うれしくなり、応援したくなるそうだ。

ところで、チーズはもともと、子羊の胃の袋の中に乳を入れて持ち歩いているうちに、チーズになったのがはじまりとか。チーズを固まらせる酵素・ホエーは胃の中の酵素だそうだ。

また、エサをたくさん必要とする牛を飼うことができるのはお金持ち。
反対に山羊は貧乏人の牛といわれているそうだ。
エサも少しでよく、荒野や山でも飼えるからだそうだ。
しかも、山羊はとても獰猛で、1匹で羊の世話もできるくらいに、しっかりしているそう。
角もあり、ちゃんと戦える。

内戦の地へ、あるフランスのボランティアたちは、山羊をトラックに積み、チーズ作り職人とともに、運んだそうだ。お金よりも実質的なわけだ。

たった、チーズの話だけれど、本間さんの話はおもしろい。

安いチーズはなぜ、あんなに安いのかと聞くと「原料のミルクがひどいから」という。

日本人は牛乳は白い液体と思っているかもしれないが、牛乳はゆすられ、攪拌し。混ぜたりすれば牛乳そのものの成分が変化する。昔のように、手搾りでアルミのボトルに入れるだけくらいならば、変化も少しですむが、機械でガンガン搾って、混ぜればもうそれはフレッシュではない。

今、目の前のこのフレッシュなチーズは、大事に育てた羊の取れたての乳で作られている。
その実りを味わってほしいと。

しかも世界はどんどん工業化している。
今や、イタリアのチーズ会社の大手は、フランスの資本となっている。そして、フランスは政治が経済重視に変わってきている、おそらく、コストの安い中国でイタリアのチーズが作られるようになるだろう・・とも言っていた。

先日のチョコレートではないが、私たちが気づかないうちに、どんどん変わってきている。

うなぎもヤキトリもそういえば、もう国産ではないものが出回っている状態だものなー。

ということで、改めて、食を大事にしたい。
直輸入のチーズを前に考えてしまった。それを伝えないとね、次代に。

と思っていたら、今朝のTVでは、
とくとくと市販のマヨネーズを使った
チャーハンとかうどんだれの料理を紹介していたよ、NHK・・。困ったねー。
悪い油と悪いアミノ酸に頼るのはもうやめようよ。

すみません、また悪つきました。
[PR]
by ginsuisen | 2007-06-13 17:02 | イタリアン