大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
喜多流自主公演能 友枝さんの鳥追船
毎年、9月の喜多流自主公演能の友枝さん出演日は、早朝から並ぶので大変です。
去年は9時を廻ってしまったので、今年はがんばって、8時半を目標に行きました。
ラッキーにも、8時半前に到着。すこし肌寒いくらいの天気ですが、
暑くないのが幸い。10時半まで待って、整理券をもらい、入場したのは11時です。
友人とがんばったおかげで、正面席をなんと確保。
この日は、補助席まで出ていて、指定席(これは1ヶ月前にやはり早朝から並ばないと手に入らない)も1列多かったような。それに関係席とやらは1列あって、
それは席確保も大変な日。
ほかの自主公演の日はこんなことはなく、やはり友枝効果なんでしょう。

仕舞
錦木・・塩津圭介君。顔の表情が出てしまうのはしょうがないのでしょうか。ちょっと気になりました。でも、以前よりもずっと落着きが感じられました。
船弁慶・・大島さん、安定した所作に、グイグイとひきつけられました。この方、やはりおきれいです。気持ちのよさがあるんです、どこか。

しかし、やっぱり、早朝から並んだあとに、食事をしたせいか、
最初の能「養老」ではかなり撃沈でした。
狩野さんがきれいだなーとは思っていたのですが、
ウトウトとしてしまい、ごめんなさいでした。
しかも、この能、長かったです、1時間半。
脇能だったのですね。福王和登さん。和幸さんの弟さんでしょうか。

狂言
大倉弥太郎さんの粟田口。うーん、これくらいの明るさと軽さが、眠気をゆさぶって
リラックスさせてくれたみたい。
仕舞・井筒
塩津さんです。仕舞で井筒を見るのって、もしかしたら、初めてかな。
やはり、スゴイ方ですね、たった仕舞の何分間かで、井筒の女の哀しみを表現されていました。持っていらした扇面の絵は、平安の女や貴人が描かれた歌留多のような感じに見えました。

「鳥追船」
初めて見る能です。
ところは九州・日暮里。
任期が延びて、もう10年も帰ってこない、夫を待つ、妻(シテ)と花若、そして、臣下・左近尉(ワキツレ)。
前シテの衣装のきれいだったこと。
2色の段模様に花がちりばめてあり、地味ですが、それなりの格を見せます。
花若も黄色の着物に朱色の長袴。
家の中での設定なのでしょう。
ワキが、自分の田の雀を追うように、花若にいいます。
花若だけを行かせない、私も行くとシテがいいます。
そのときのワキツレ左近尉の恐い物言い。
しかし、ひるまず、シテもついていくことに。
この日のワキツレは福王和幸さん、顔がきれいなだけに、恐い表情がすごかったです。
(福王さんも久しぶりに拝見すると、貫禄ついた感じ)

後場の前に、日暮殿がアイの従者を伴って帰ってきます。峠でしょうか、鳥追船がいくつも見えている場所で休憩を取るような設定。なつかしくながめている(立場変わればのんきな話です)
(狂言の鬼瓦がそういえばありますね。都から何年ぶりに帰ってきて、屋根の鬼瓦を見て、遺した妻の顔に見えて、なつかしいというのが・・あれはこういう能のパロディかしら)

後場、鳥追船が舞台に。
前のほうに竹笹が3本立って、その中間にはカンカンとなるような絵馬の形の鳴子が3つ。
上のほうには鞨鼓が一つ。下のほうには赤い紐が笹3本の横に三段かかっています。
「ほら、我が田だけ、雀があんなに・・」のワキツレの声に、
鳥追の姿に変えた、傘をかぶったシテと花若が乗り込みます。
花若の帯・・水色に花の刺繍、着物も花刺繍柄で美しいです。
ここからは、船の中だけ。
扇を返して、鳥を追い、鞨鼓をならし、鳴子を振り・・
せつなく哀しい立場を見せます。狂女の設定なんだそうですが、
狭い中での動き故に、一層境遇の寂しさを感じさせます。
このあたりの友枝さんの物語性の高め方がいいですね~。
そして、地謡も。感情を高めてくれます。

そこに、日暮殿が近寄ってみると・・
ヤヤ・・我が子ではないか。
その瞬間のシテ、笹の陰で顔を驚くように動かす所作が、
美しかったです。あの声は・・あ~、殿だわという感激でしょうか。

主人と知って、左近尉はあわてて、船から降りて、ひざまずきます・・・これは、悪代官が上様!という感じです。
そして、まず一番に花若だけを、連れて降りさせる日暮・・
レレレ、妻はあとから一人寂しそうに降ります。感動の夫婦の体面ではなく、
息子一途なんです、この時代だからでしょうか。
それとも、妻はもう10年も離れていて、別に・・なのでしょうか。

日暮がワキを攻め、成敗となるところを、
妻が「10年もほっておいたあなたが悪い」といいます。
そう、私もほっておかれたのよ。
それを思いしりなさい・・というように。
なぜか、これで簡単に赦されて、太刀を預けて、メデタシ、メデタシ。
みんな退場し、最後にシテが残り、特に舞うわけではなく、終わります。

この能をもう一度振り返ると、いつもの友枝さんの舞がなくて、残念!という
感じなのですが、自主公演とはこういうものなのかなーとも思い直しました。
船の上での最大限の物語へのトライ。
雄太郎君のトライ・・ということでしょうか。

早起きした甲斐がやはりあったな~と思いました。

この鳥追船・・地元には別に山椒太夫のような二人の子供と別れた母の哀しい物語も
あるとか。





仕舞
「錦木」 塩津圭介
「船弁慶」キリ 大島輝久

能「養老」
シテ 狩野了一  シテツレ 佐々木多門
ワキ 福王知登 ワキツレ 喜多雅人  中村宣成
アイ 大蔵教義
笛 松田弘之 小鼓 古賀裕己
大鼓 國川 純  太鼓 三島元太郎
地謡  粟谷浩之 高林呻二 佐藤章雄 友枝雄人
  笠井 陸 大村定 出雲康雅 中村邦生

後見 高林白牛口二 佐々木宗生

狂言「粟田口」
大蔵彌太郎 吉田信海 大蔵基誠

仕舞「井筒」
塩津哲生
地謡 金子匡一 大島政充 粟谷幸雄 梅津忠弘

能「鳥追船」
シテ(日暮某の妻) 友枝昭世 子方 (花若)友枝雄太郎
ワキ(日暮某) 福王茂十郎  ワキツレ(左近尉) 福王和幸
アイ(日暮従者) 大蔵千太郎

地謡 大島輝久 内田成信 金子敬一郎 粟谷充雄
    谷 大作 粟谷明生  粟谷能夫 長島茂

後見 香川靖嗣 内田安信
[PR]
by ginsuisen | 2008-10-01 11:23 | 感激・舞台
<< 秋ですねー 栗汁粉いただきました 国立能楽堂25周年記念企画 4... >>