大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バーニャカウダも保存しておくと便利
c0092027_8494915.jpgc0092027_8502371.jpg


お能の記録を書く前に、ちょっと料理記事を。

この夏は、貧乏人のキャビアを作り置いて、結構便利しましたが、
もう一つ便利しているのが、バーニャカウダ。
バーニャはお風呂のことで、これは北イタリアの農家のお昼弁当によく食べられたもの。
要は、畑に、オリーブオイルのバーニャ(お風呂)を用意して、そこににんにくとアンチョビを入れてトロトロになったところに、生の野菜を漬けてちからめて食べる・・という料理。野菜がちょっとこのアンチョビオイルで温まるところも美味しいです。

某有名イタリアンのシェフの店で、前菜に出して、一躍有名になったけど、本来はあんなおまじないのような野菜の量ではなく、ドカンと籠いっぱいの野菜をつけて食べたものだと思うのです。

以前は、刻んだにんにくをオイルの中で煮て、やわらかくして、それを濾して作っていたのですが、この方法だとオイルに火が入りすぎ、しかも濾す作業は、アミが汚れるので、しばらく敬遠していました。
でも、最近、いい方法を知って、よく作っています。

レシピ)
1 小鍋で、まずにんにくを1カタマリを、牛乳と水半々の中に入れて、やわらかくボイルします。
2 次に、にんにくだけ取り出して、鍋に戻して、スプーンの背でつぶします。
そこにアンチョビ1缶分(小さい缶分・フィレにして4枚くらい?)を、加え、ハサミでチョキチョキ刻みます。
3 オリーブオイルをたっぷり注いで、ちょっと火にかけて、混ぜ合わせ、アンチョビが溶けて混ざればでき上がり。オレガノ、タイムのドライもちょっと加えます。
保存 これ、瓶に入れて、オイルをかぶるほど加えてオイルの蓋をしておき、パスタの下味に使ったり、ゆで野菜にかけたりと、いろいろに使えます。パンにつけても最高!

もちろんね、食卓に温めたバーニャカウダの器を真ん中に置いて、野菜(パプリカ、フェンネル、アスパラ、カリフラワー、人参、ポテト)をおけば、前菜にちゃんとなります。
持ち寄り食事会なんてときにも、すごく便利です。これ一瓶と野菜で、大うけになります。
バーニャ専用の温めるコンロ容器も近頃は日本で手に入るよう(私もイタリアから買って帰っていますが面倒なので出してません)。
チーズフォンデュ鍋もいいかもですが、熱くなりすぎるかな。
[PR]
by ginsuisen | 2008-09-21 09:13 | イタリアン
<< 秋になると作るのは 里芋ごはん ウイーン美術史美術館最終日 マ... >>