大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国立能楽堂25周年記念企画 大原御幸
9月13日(土曜日) 13時開演
国立能楽堂25周年記念企画2日目は宝生流の日。
近藤乾之助さんの大原御幸が見たくて、行ってきました。
またまた暑い土曜日、9月というのになかなか涼しくなりません。

臣下(森さん)が登場し、後白河院が建礼門院を訪ねることになったと知らせます。
シテツレ2人登場。作り物の幕がはずされ、シテが登場。
うつむき加減で、すでにこの世のものではない虚ろな表情。
地謡の「賎(しず)が爪木の斧の音 賎が爪木の斧の音~雨原憲が枢とも、湿ふ袖の涙かな、湿ふ袖の涙かな」がシオルシテの横顔とともに、静寂とした、大原の里深い寂光院を感じさせます。あー、可憐なシテ。もう生きているだけでせいいっぱいなのが感じられます。
山へ蕨を取りに行く、シテとツレ大納言の局(小倉伸二郎)。残るはツレ阿部内待(金井雄資)。
橋掛かりをいくシテ・・あー、もうお辛い様子で、すり足ではなくトコトコ歩き、それだけに長い山道を感じます。その間の囃し方のヨー、ウオー、ヨー、ウオーが長く長く響いていました。
往年の美しいすり足を知っているだけにちょっと悲しかったです。

さあ、このあとは、ワキの閑さんが登場です。威厳ありますねー。万里小路中納言という役。本来の平家物語にはない役だそうですが、このワキの存在が後白河院の声の出し方を決めると
以前、六郎さんが言っていました。
この日の後白河院は田崎さん。ウーン。なんだかなー、ウーンでした。威厳は全部閑さんがもっていってしまった感じ。というか、この方、私は苦手意識で見てしまうので、ごめんなさい。
ヒヒ親父の後白河院の役には似合わなかったような気がします。やはり師匠方の乾之助先生を支える人が宝生にはいないのかなー。金井さんのほうがよかったのではないかしらんとおもってしまったけど。

後シテ、山から戻ってきてからの表情は、あー、私のところに訪ねてくださったのですね。
なつかしさとうれしさが半分、混ざったような雰囲気でした。
今までの建礼門院の中で、一番、可憐で、物悲しく、一人生き残った身をどうしていいかわかならないというのがひしひしと感じられました。
杖と花かごを持って立つ姿は小刻みに震えている姿、最後の見送り場面で、藁屋の柱に捕まり、ヨヨとしおれている姿・・哀れでした。

建礼門院をどう表現するか、ただ仏門に祈る身となり高潔な存在となった女性として、
六道を語らせる非道な後白河院を突っぱねる姿も好きですが、
この日の乾之助さんのように、
生き長らえる辛さに堪えかねて過ごす身として、後白河院を舅としてなつかしく思う
やわな女もなかなかよかったです。

このあとの狂言蜘蛛盗人(和泉流・井上菊次郎、佐藤友彦)、能・金剛流の泰山府君はごめんなさい、パスしました。なぜなら・・ダッテ・・なので。
その分、たっぷり、展示室を見てきました。能衣装、面など面白かったです。

新都心線で帰ってみたら・・道が暑かったです。

以前見た友枝さんの小原御幸の感想がありました。
2005年7月21日 能楽観世座です。
これを読み返してみると、
そう、友枝さんの建礼門院は高潔な人でした。女が故に生き残ったのではなく、
生き残ってしまった身をもうすでに仏門の世界に身を置き、静かに大原の里に暮らしていたのです。物見遊山にきた後白河院は帰るしかなかった。
それだからこそ、結構、長く建礼門院は生きてしまう。
乾之助さんの建礼門院はウツウツとしながら、六道の罪を感じながら細く長く生きるしかない。
仏門だからゆえに、死を選ぶこともできない哀れな女、後白河院は誘うこともできずに帰るしかなかった・・だったのかも。。












大原御幸
シテ(建礼門院) 近藤乾之助
ツレ(後白河院) 田崎隆三 
   (大納言局) 小倉伸二郎
   (阿部内待) 金井雄資
ワキ(万里小路中納言) 宝生閑
ワキツレ(臣下)森常好
          高井松男
          大日方寛
アイ(臣下の従者) 野村小三郎

笛・一噌仙幸 小鼓・住駒幸英 大鼓・安福建雄
地謡 水上優 小倉健太郎 大友順 野月聡 
    佐野由於 高橋章 大坪喜美雄 朝倉俊樹

後見 三川泉 宝生和英 山内崇生
[PR]
by ginsuisen | 2008-09-17 11:47 | 感激・舞台
<< ウイーン美術史美術館最終日 マ... 横浜美術館へ 源氏物語の100... >>