大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
能楽現在形 第6回 狩野さんの邯鄲
8月7日 猛暑猛暑 体が浮いて、景色はかげろうのような中
見てきました~。@宝生能楽堂 18時半~

狂言 朝比奈 萬斎さん&千三郎さん

カッコイイ萬斎さん!かわいい千三郎さんの閻魔様。
きゃー、この二人のコンビは最高なのよねー、新宿狂言以来だわー。
千三郎さん、久しぶりだけど、健在健在。
これは地獄の閻魔大王で~す・・・茂山家ならではの名乗りに
思わずうれしくなりました。


狩野さんの邯鄲、すごーくよかったです。
どうよかったか・・うーん、緊張している盧生もおどおどしている風が
なんか新鮮でした。
そして、枕を指す宿の主人・・・きれいなんだわー、萬斎さん。
本物の女に見えました。美男鬘をつけてないで、まっすぐ前髪に後ろ束ねがよけいそう感じたかも。その女主人が指す枕に魅せられたようにフラフラと一畳台にいく姿が、
すでに夢の中のようでした。
でもって、一畳台がよく見えたのです。
中正面のせいだったかも。

そんなわけで、けっこう感動したのですが、
去年の友枝さんの邯鄲の感想を見直すと・・
うーん、そうか、感動の仕方が違うみたいとちょっと自分に反省?

深さが確かになかったかも。
それから帝になったときと、盧生との差が確かになかったかも。
そのあたりは、さすが師匠様は違うのねー。
つらつらと物語を伝える舞台としては、
あの若さで、見事ではあった!すごくよかった!のです。
いやー、いい舞台、将来見続けたいわーと思ったのです。
うーん、前の感想文なんか見てはいかんねー。

幸弘さんの笛に酔いました!
盧生だけでなく、見所をもトランス状態に。
宿の主人にトントンとベッドを叩かれ、夢からさめる瞬間の
舞台と見所は事実一体となってました。

番組表・他は、あとで追記します。暑いので、ひとまず。

番組表でーす
狂言「朝比奈」朝比奈 野村萬斎
        閻魔 茂山千三郎

         笛 一噌幸弘
        小鼓 吉阪一郎
        大鼓 亀井広忠
        太鼓 観世元伯

        地謡 野村万作 石田幸雄 深田博治 高野和憲
        後見 月崎晴夫 鈴木 実

能「邯鄲」   盧生 狩野了一
        舞童 狩野祐一
        勅使 宝生欣哉
        廷臣 殿田謙吉 御厨誠吾 野口能弘
        輿舁 梅村昌功 則久英志
      宿の女主 野村萬斎

         笛 一噌幸弘
        小鼓 吉阪一郎
        大鼓 亀井広忠
        太鼓 観世元伯

        地謡 友枝昭世 粟谷能夫  出雲康雅  長島 茂
           友枝雄人 金子敬一郎 佐々木多門 大島輝久
        後見 塩津哲男 中村邦生
[PR]
by ginsuisen | 2008-08-08 19:19 | 感激・舞台
<< 源氏物語の影響 タイムが茂ったのでブーケに  >>