大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
友枝会
友枝会 11月2日 @国立

蝉丸
雄人さんと真也さんという、実の兄弟の蝉丸。
思えば思うほど切ない話です。
残された、盲目の蝉丸の明日は、去っていくしかない逆髪の明日はと思うと、やるせなく、胸にひびいて。

紅葉狩
久しぶりの閑さん。なんだか、小さくなられたようなお声のはりもないような。
それはそうだなーと、お能を見始めてから、もうはや15年、
自分も年を取れば、演者の方々も、なのだから。
それでも、その過程をまじかに拝見できるのも、幸せと思おうと思いつつ。

紅葉の季節の、鬼女伝説。
真っ赤な山紅葉の中での友枝さん。
お酒を注ごうとする、友枝さんをうっとりと「美女だな~」という、すでに翻弄されている
閑さんの顔と視線。忘れられないやりとりです。
これこれ、これよね~って。
この名人二人が、さしつさされつで、紅葉の中での酒宴。
寝たかな~寝たかな~と、待つ鬼女の友枝さん。
寝たと知って、翻って、急いで、シテ連れは去り、
シテも、さー、今夜は、人間を!と。

このあたりの話は、あらゆる鬼女伝説と類似。
しかし、紅葉狩は、美しい。赤く黄色の燃えるような山・・

残念だったのは、閑さん、立ちあがり、戦うときに、少しよろけられました。
あっ、と、多分能楽堂全体が思ったと思います。

橋掛かりに帰られるとき、ムッと、御自分への怒りを見せているようなお顔でした。
[PR]
by ginsuisen | 2014-11-03 15:05 | 感激・舞台
<< 萬の会 宮島 >>