大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
求塚 そして、消え入りたり~
5月から立て続けに見た能
6月5日は日経能
これも同じ番組を友枝師、浅見師でお能。狂言は和泉流で、万作家と萬家で、競っての演目。

もちろん、私は、友枝師のほうのみチケットゲット。これも、プラチナなので、大変であった。

今回の番組は求塚
大雨の中、でかけました。中正6列19番

●狂言 咲嘩 
太郎冠者 万作師、 石田師、 主 高野さん

叔父さんを連れてこいと言われて、太郎は都に。しかし、どれがオジサンの家かどんな人かがわからない。
で、ひっかかってしまった咲嘩に。連れてはきたが、与太者と知っても丁寧に接する主。
そのうち、主の真似をするがために、あっち、こっちとひっぱりまわされる咲嘩。
最後は、コロコロリンと転がされて・・

あ~、いい気持というくらいの久しぶりの万作先生の声、のびやかな石田さん、懐かしい。
気持ちよくなって、うつらうつらしてしまった。

●能 求塚
二人の若武者に求婚され、困り果てた姫は、オシドリを射たほう・・と。
同時にオシドリを射てしまう。若武者。
それを見て、悩み、自ら死を選ぶ姫。
姫の死を知って、互いに差し違える若武者。
それゆえに、成仏できない姫は、無間地獄に。

どうも、この感想をなかなか仕上げられなかった。
二人の男の求愛に困り果て、難題を出してしまった姫。

男と女の問題は、やはり、謎すぎる。

ひとまず、簡単感想にしておきます。
[PR]
by ginsuisen | 2014-06-08 21:12 | 感激・舞台
<< 道成寺 友枝雄人さん 第4回 燦の会 自然居士 三輪 >>