大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
糖質制限に出会うことで幸せに
ちょっと、まとめて総括です。

糖質制限と出会って、4か月目。
体重は6キロ減、血糖コントロールも良好で、投薬も減りました。
不思議なことに、ご飯もパンも全然食べたくありません。

先日も、友人たちとの会食で、彼らの糖質過多の食べ方を見ているうちに糖質量を換算してしまい、
くらくらとしてきました。食後のデザートのあとで、べつの場所で、また甘いものをいただく。
おそらく、以前の私もこんなだったのだろうなと思いました。

糖尿病は、どこか痛いとか、症状が現れる病気ではないため、わかりにくい病気です。
インスリンをうつほどでない場合、たいていは、投薬を与えられ、
運動をして、バランスの良いカロリーの低い和食中心の食生活をといわれる。
栄養指導も受ける。

しかし、このカロリー制限は、現実、なかなか大変で、たいていはうまくいきません。

私自身は、野菜の好きな家族のため、通常、キャベツを1/2個くらいを千切り(冬はゆでる)にしたもの、もやし1袋をゆでたもの、ホウレン草などの青菜一把を家族で毎夕食食べ、和食中心の魚などのおかずに、手前味噌の味噌汁、豆腐など、という、とてもヘルシーな和食を食べていた。
ウオーキングもできるだけしていた。

もちろん、仕事上、料理やお菓子三昧の日々などが1週間ほど続くが、それは特別事項ではあるけれど・・・

しかし、投薬や食生活の効果ははかばしくなく、体重の変化もあまりでした。

そんなところで、糖質制限に出会ったのです。
提唱者の江部康二先生自身が11年も体験していること、
たくさんの患者さんが改善していること。
ノンフィクションライターの桐山秀樹さんが「おやじダイエットの奇跡」で、実証していること、
作家の宮本輝さんがやはり江部先生との対談本をだしていること・・・
などなど、ウン、やってみようかと思ったわけです。

3週間で20キロやせた桐山さんほどではないけれど、
2.5キロ減少。血糖値がグンと下がったのにはおどろきました。

その後、いろいろ調べていくうちに、糖質制限は、糖尿病の人だけでなく、
糖質過多の現代人が、取るべき食の方式だと思えるようになりました。
美食、グルメと飽食の時代は、わたしたちを病への道へ誘導しているのではないでしょうか。

街をいけば、食べ放題、どんぶりめし、うどんチェーンと糖質だらけです。
そして、カロリー計算で食を指導してきた、九州久山町の住人は、病気がよくなるよりも、
糖尿病が増大したというデータあるそう。それを、九州大学も糖尿病学会も公表していません。
また、糖尿病人口第1位は中国、2位はインド、いずれも、糖質を多く摂取する貧困層が多いことが原因とか。
日本は世界第6位だそう。

で、糖質制限でなぜ、やせられるのかというと・・・。
c0092027_12563532.jpg

(かわいいアメリカ人の英語の先生からもらった、干し柿。干し柿30gで糖質15.8g。これはかなり小さいから7gくらいかしら。ちなみに生の柿260gで33.8gの糖質です)






何気にはじめた糖質制限、なぜ、やせられるのでしょう。

糖質をとると、血糖値があがります。
そうすると、すいぞうから、インスリンが分泌され、血糖をさげてくれます。
ところが、このインスリン、肥満ホルモンとも呼ばれているだけに、
糖質をとればとるほど、血糖があがり、余分な血糖を脂肪にして、どんどこ、ためこんでしまいます。
カロリー制限をしても、ご飯中心の和食形態では、あきらかに糖質過多になりがちというわけです。
ご飯を食べ、肉じゃがとか、かぼちゃや芋のおかずを食べ、食後のおまんじゅうなどの和菓子を食べれば、
血糖は高いままの食生活となって、すいぞうは、働きっぱなし、余った血糖は脂肪へと、悪循環もいいところというわけなんですね。

でも、糖質をとらなければ、血糖はあがらず、インスリンは分泌されません。
そこで、体は、脂肪を燃やし、エネルギーとするのだそうです。
だから、糖質制限食では、タンパク質や脂質をしっかりとって、カロリー不足にならないようにしなければならないのですね。
いままで、禁止されていた、卵も、肉もしっかり食べていいんです。

で、糖質をとらないけれど、肝臓では、ブドウ糖がちゃんと作られるとか。

体はうまくできているものです。

体重減少は、その人の適正体重で止まるそうです。

私の場合は、まだまだ先のよう。
でも、ちっとも苦しくないので、どこまでやせられるか(投薬ゼロまで)続けていくつもりです。
[PR]
by ginsuisen | 2013-01-02 18:57 | 糖質制限
<< おせちというと 新年があけました~ >>