大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
復興支援の本が出た~つなげていきたい 野崎洋光の二十四節気の食
c0092027_10372697.jpg


麻布の日本料理店「分とく山」の野崎洋光さんは、福島県石川郡古殿町出身です。
あの3・11以降、お店の休みをぬって、復興支援の炊き出しをしていました。
復興支援の数々はほとんど知られないところでなさっています。

こんど出版されたこの本も、その一環でもあるようで、一冊につき代金のうちの400円が復興支援の義援金になる仕組み。

内容は、日本の四季の根幹である二十四節気の折々の料理と自然の風景写真がちりばめられた構成になっていて、そこに野崎さん自身の少年時代の思い出や福島県の古殿町ならではの風習が語られている。おそらく、もう戻らないかもしれない東北の自然への愛が込められている。

これを見ていると、誰もが「あ~♪誰にも~♪故郷がある~♪」と五木ひろしの唄が浮かんでくる。
私はこうだったなー、家はこうだったな~と思い出すのではないだろうか。
さて、今の若い人たちにこの感覚があるだろうか。故郷はあるだろうか・・
残っている地方の文化を大事にしないと・・

誰にもそれぞれに二十四節気を持つことのできる日本人の四季ある暮らし。
忘れてならない、伝えていかねばならない、つなげていきたいと思わざるを得ない。

立春から始まり、都会人の知らない田植え時の「結い」の風習、野崎さんの故郷の簡素だが厳かさんおある正月、そして節分とめぐり、最終ページは、再び桜満開の春のページで終わる。
「春は再びめぐってくる~」そう、来年もまた次の年も、春がめぐってきてほしい。

3・11のあと、桜を見て、この桜が震災の人たちにも。。と思ったことを忘れたくない。

「つなげていきたい 野崎洋光の二十四節気の食」家の光協会刊

よければ、ポチッとクリックお願いします。

[PR]
by ginsuisen | 2011-11-05 10:38 | 映画・本・美術館
<< 署名をしてください 味付き海苔 >>