大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
能楽現在形に期待したことは
野村萬斎、一噌幸弘、亀井広忠・・・今の能楽界にこの三人がいなかったら・・・
私は、ここまで能にはまらなかったかもしれない。

そもそも、能のきっかけは、萬斎さんだ。

こんな風に暑い夏の昼間何気なく見ていた、教育TVの番組で、「今の能楽堂のお客さんは親父とともにいなくなってしまう。自分の世代のファンを作っていかないと・・」それが、彼のこれからの活動方向だった。
ちょうど、朝の連ドラで「あぐり」が放映され、吉行エイスケという役を演じ、ブレイクが始まろうとしていたころだ。あのエイスケを演じている若者、狂言、伝統の世界の厳しさなど・・断片的に私に突き刺さった。


私はというと、日本の食についての、一つの大きな仕事を終え、気が抜けていたころ。
自分が何も日本について知らなかったことに気づき、これから何をしようと思っていたころだ。

そして、ふと新聞を開くと、あるカルチャーサロンで、狂言教室が始まるという。
声を出すカルチャー?謡への興味、若いころ文楽が好きだったから本当は人形浄瑠璃が習いたいけど・・と漠然と思っていたのだけど、ま、のぞいてみようかと、申し込んでみたのだ。

そこで大きなカルチャーショックを受ける。
すぐに、おもしろさにはまる。同時に、教えてくださる先生方の真摯な姿勢に打たれる。
まったくの素人の生徒たちに対しても、まるで、伝統を受け継がせる相手のように、接する姿勢だ。
こちらも、オケイコなどと軽く思っていられない気迫だった。

時間15分前にきちんと袴姿でまっていてくださる万作先生・・人間国宝クラスにもかかわらず、単なるカルチャーの生徒に向かってくださる姿勢に感動した。
同時に、人間としての品格とは、下のものにも平等の心を恒に持っていることだと実感する。「偉い人ほど、偉ぶらない」。

さらにそこで、「狂言を知るためにも、能を見てください。高いお能でなくていいです、お稽古発表会みたいのものでもいいです」と萬斎氏より、あるときいわれる。

そこからだ、私の能鑑賞への入門は。
(もっとも、狂言教室のほうは、長続きしなかったのだけれど)
粟谷菊生さんのNHK鑑賞講座で「能の好き嫌い、いい悪いは、100番見ること」に触発され、
見た、見た、見まくった(ちょうど暇だったのだ)
白州正子さんの本で、能を頭でっかちではなく、ハートで感じることの大事さも実感。

近藤乾之助さんで、着物姿にしびれ、
幸弘さんの笛、六郎兵衛さんの笛、大倉源次郎さんの小鼓・・

きわめつきは、シテ友枝さんで、萬斎さんの三番叟の「翁」だ。
友枝さんを知り、
とうとう、宮島まで行ってしまう。そこで、茶髪の広忠君の大鼓に出会う。

三響会にも行き、橋の会に入り、年間の能チケットを確保し・・
土屋恵一郎という、すごい解説者も知る。

能の予定先行で動いていたっけ。

そういう意味で大いに期待し、この三人の現在進行形をリアルタイムで見られる幸せを感じていたのだけれど、うーん、残念。

相撲の野球賭博を引き合いに出して、萬斎さんは、自分たちは井の中の蛙ではないかと
言うが、いや~、それでは、伝統にはならない。
現代に生きているからこそ、伝統なのだ。
井の中の蛙で堂々として欲しいと思う。
変なコラボや演出過多はいらない。
むしろ、笛の幸弘さんと大鼓の広忠君などとの掛け合いでの
一期一会をバンバン見せてほしいのだ。

もっと三人ならではの、能を見せてほしかったな~。
取りとめもなく、言葉足らずの感想になるので、ここでやめます。
[PR]
by ginsuisen | 2010-08-31 15:14 | 感激・舞台
<< 田中一村展  能楽現在形 千秋楽 >>