大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
まったくのうるおぼえ 2009年末から20103月
うるおぼえ

年末 能楽現在形

3月28日日曜 正午 喜多流自主公演 井上真也さんの箙

箙・・初めてみました。
なんと、前シテは面なしの直面だったのに驚きました。
お話は、須磨の浦、生田川のほとりに色鮮やかに咲く梅の花を眺める青年に僧が出会う。
ころは3月。もう梅は終わっているのですが、春のきざしのお能ですなーと感じます。
この梅の名が「箙の梅」源氏の若武者・梶原源太景季がこの梅の枝を笠印の代わりに箙に挿して、手柄を立てた由来があるというのです。ここまでが前場。
後場は、僧が花陰に伏していると・・梶原源太景季の霊が若武者の姿で現れ、修羅の苦悩、生田の合戦を再現する。

いやはや、かっこいいのです。梅の枝の香りほのかに香るような若武者が、ばった、ばったと投げ倒す姿が、くるんくると回転する真也さんの身のこなしで見せます。

とてもさわやかな能でした。
素人見ですが、真也さん、去年の道成寺を披いて、やはり、ぐんとアップしたと思えました。
地謡は、友枝昭世さん地頭ですから、そりゃ、聞かせました~。
でもって、この日の大鼓・大倉慶乃助さん、よかったのです。
こちらもさわやかで、強くで、正之助さんの息子さん?ぐぐんとよかったです。しかも美男。


シテ 井上真也 
ワキ 御厨誠吾、ワキツレ 吉田祐一、大日方寛 
アイ 大蔵千太郎
大鼓 大倉慶乃助 小鼓 住駒充彦 笛 内潟慶三
地謡
大島輝久 狩野了一 高林呻二 友枝雄人
笠井 隆 粟谷明生 友枝昭世 中村邦生

狂言 伊文字は、ごめんなさい。パスして昼ごはん調達に・


楊貴妃 
シテ 松井彬
ワキ 大日方 寛
アイ 大蔵基誠
大鼓 亀井実 小鼓 森澤勇司 笛 藤田朝太郎

で、とてもきれいで、優雅な楊貴妃だったのですが、途中から、小鼓さんが、なんとなく不安定になて・・
それから、あれれ?
突然、後見でない、シテ方の方が出てきて、小鼓の方の背後で声をかけます。
うなづく小鼓さん・・で、次に違う方と交代したんです!
交代したとたんの鼓の音色は??でしたが、すぐに小鼓も交換されました。
そのあとは、終始、鼓後見つきで舞台がすすんで・・
ヒヤヒヤ、スリリングでした~。
その間、シテもワキも見事に何事もなく進む様は・・そりゃ、お見事!
楊貴妃さんの哀しさ、せつなさ、熱き恋の舞もかわいらしかったです。

この間のことは・・粟谷明生さんのブログ→に詳しく書いています。
とっさの判断。見事な連携プレーに拍手です。

この日は、もう一番春日龍神があったのですが、翌日出かけるのでパスして帰りました。
[PR]
by ginsuisen | 2010-04-06 11:03 | 感激・舞台
<< 三陸の宝物が届きました~めかぶ 春になりつつ >>