大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
とうとう万作さんの釣狐 万作を観る会 10月18日昼
ずっと更新できないままでいました。

次の友枝会のことも書いてないのですが・・・ひとまず

今年の出し物の中でも、おそらく後の世まで語られるとしたら・・
この舞台だったかもしれない、そんな舞台がありました。

そう、あの、万作師の釣狐の再演があったのです。
2度としないと言われていたものを、しかも袴狂言です。前場のみですが、それでも十分。
(どうやら、土屋恵一郎さんの著書「狂言三人三様」で、土屋先生が万作師に前場だけでもどうかと話していたようです。そのとき、万作師は答えを言わなかったよう。それが実現したので、パンフには土屋先生が万々歳の寄せ書きがある)

私が狂言や能楽にはまったころには、
もう釣狐は演じないと言われていたあとだっただけに、
私自身の卒業式の気分になりました。

広島の日と初日は重なっていたので、日曜を選択。
昼間の能楽堂ののんびりした空気は、例のごとくに野村家ファンクラブの集いのように華やかでした。
ドナルドキーンさんに、田中真紀子の顔も見られます。

連吟は、弟子一同。野村家のお得意の能の謡のような抑揚のある謡です。

さて、釣狐。漁師は萬斎さん。
幕が上がったとたんに顔は万作師なのに、狐がいました。
それも姿は白蔵主なのに。手、足、すべてが狐です。顔までも。
とうとう見ることができたのだ・・という見所の感動がドーッと波打つような。

さて、漁師を説き伏せる白蔵主に漁師はもしや、わかっていたのでは。
あの罠を捨てにいったしぐさには、それが感じられるような。
そんな気にさせるほどの萬斎漁師のふてぶてしさ。

罠の揚げネズミ(ほんまかいな)への未練たらたらの狐の本性。

中島敦の山月記での虎となった万作師の舞台を思い出していました。
あー、あのときもきっと狐をなさりたかったのだろうなー。
それに、萬斎さん、弟子たちの狐を指導するたび、想いがつのったのだろうなー。
あくまでも現役の狂言師が迫真の演技を見せる、老練の狐となって。

すさまじい演技者としてのエネルギーを感じました。

休憩をはさんでの狂言
こちらは、萬斎さん中心です。
止動方角 
なんと馬はあの遼太君。馬をする立派な狂言師になられました。
(あのころ、おじいちゃん万作師はポケモンを持って、カナダまで指導に行っていたのよねー)
でもって、主は石田さん。
あー、楽しいわー。萬斎さんとの掛け合い、もみ合い?ももう本当に息ぴったりで。
でも、ちょっとスネテ、橋掛かりにスタスタ歩く萬斎さん、
すり足系ではなく現代人風歩きだったけど、
それアリ?って風でした。
時代の中での新演出かなって思ったけど、どうなんでしょう。

万作師のお祝いのような舞台で、すがすがしい思いで帰りました。

c0092027_15231371.jpgc0092027_15234331.jpg

[PR]
by ginsuisen | 2009-10-28 05:19 | 感激・舞台
<< りんごの季節です 秋の味 西条柿 >>