大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
秋本番は やっぱり広島観月能
今年も行けました。
行けなくなるかなーと多少不安だったのですが・・・

先週の台風がうそのような快晴の広島だったのですが・・・
いつものお好みコース~ホテルから広電に向かうために出たあと、
なんとなんと、ポツポツ雨からザーッ、ダーッというような大雨に。
まるで×ゲームのような雨の中、ほうほうの体でアーケードに入りました。

そのあと、雨宿りをしていたら、なんとあっという間に晴れて、広電で宮島口についたのです。

いつもの穴子弁当。今日は定休日なので、お弁当スタイルの包みです。昭和12年の包み紙でいただきました。穴子はやっぱり、うえのですねー。浮気する気がしません。

フェリーでつくころに、またまたポツポツ。
入場のころはまたまたポツポツ。最前列には雨コートが配られました。
昨年よりも、早くも海面が上がっているような。
橋掛かりには、もう水がすっかり上がっています。
火入れも厳かに始まり、仕舞にうっとりしてしまいました・・が、寒い。
頭にヒューっと冷たい風を感じます。

c0092027_911884.jpg


能は、紅葉狩。
シテツレの粟谷浩之さん、佐々木多門さんが脇に向かって座っている姿がなんとも美しい。
まさに紅葉。
笛や囃子とともに、シテが舞うほどに怪しさが増します。
ずっと遠くで聞こえていた修学旅行の小学生の声が気がつくと消えています。
もしや、舞台の鬼女がかき消したのか・・そんな気になるほどに怪しく美しく、
水面に移る紅葉色の装束がまた、きらきらと美しい!
そして、ワキの森常さんが寝たと確かめた瞬間のそのキリキリとした首の動き、
肩の動作、そこには別の鬼の女がいました。
塚に隠れて、森常さんも戦う準備に(ワキツレだった息子さんが後見で出てきてお手伝い)。
そのあとの戦いは、組合い、もみ合いのすさまじい戦いでした。

こういう戦いを小さい能楽少年は見てきたのでしょうねー・・なんて思いながら、
あー、殺されるなんて、思ってしまいました。

塚に隠れて、舞台の上には、勇壮な武士一人。何事もなかったような紅葉の山があるのみ、でした。

帰りのフェリー。鳥居に向かって、来年もこれますようにとお願いしました。

さ、広島の夜だー。
c0092027_9123318.jpgc0092027_9124556.jpg
c0092027_9125942.jpgc0092027_9131479.jpg
c0092027_9133616.jpg いつものお料理屋さんに、いらっしゃいませ、お元気でしたかと一年ぶりの訪問にあたたかい出迎えをうける。
お造り、炊き合わせ、香茸の白和え、イセエビのサラダ、土瓶蒸し、雲丹玉子ご飯、わらび餅、西条柿・・
変わらぬ美味しさ!
[PR]
by ginsuisen | 2009-10-20 12:33 | 感激・舞台
<< 秋の味 西条柿 秋に見たもの 至高の華 >>