大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
安い牛すね肉で 赤ワイン煮
先日、TVでフランスの母の味として、牛肉や鶏(雄鶏)肉の赤ワイン煮が紹介されていて、
あー、久しぶりに食べたいなーと思っていたら、スーパーで半額で売られていました。
ワインも安いものを求めて、肉と玉ねぎやセロリと一緒に、ドボドボと漬け込んで一晩。
それから、さっとソテーしてから漬け汁と玉ねぎで煮ました。

こんなときに超便利なのが、昨年購入した「シャトルシェフ」フツフツ沸いたら、シャトルシェフのジャーに入れて2時間から3時間。
温度が下がったら、またフツフツと沸かして、ジャーへ。
都合3回。火にかけるとしたら、5時間くらい煮込んだことになるでしょうか。
硬い肉もやわらかくなったところで、肉だけ取り出し、鍋を火にかけ、汁の水分を飛ばします。
それから、肉を戻し、バルサミコもドボッと加えて、煮上げましたー。

c0092027_18462717.jpgc0092027_18464398.jpg
クスクスとマッシュポテト、ポーチドエッグを添えて、お皿に。
娘も大喜び。赤ワインとバゲットでいただきました。
めずらしく、夫が「レストランみたいだ」・・・だそう。
まったくねー、内心「いつもは料亭のようだろうが」と思いましたが。

ポーチドエッグを添えたのは、やはりTVの中で、赤ワインを煮詰めたソースでポーチドエッグが二つ乗ったお皿をみたことにヒント。
卵を割って、トロッとしたのをいただきます。

たまにはね、いいですね、こういう濃厚な洋食も。
家で作れば、濃厚といってもバターも塩も少なめでできます。

しかし、シャトルシェフのお鍋は、購入してほんとうによかったです。
豚肉のカタマリから豆を煮る、大根の煮物など、大活用しています。
何よりも、火にかけなくても、鍋の保温を保つことで、じっくり煮ることができる。
ジャーに入れている間は、ほっておけばいいのですから、本当に安心。
温めておきたいときもジャーに入れておけば、遅く帰ってきた人に、
わざわざ温め直す必要もありません。
ほんとうに便利!
[PR]
by ginsuisen | 2009-01-22 18:49 | 家の食事
<< シャトルシェフと圧力鍋のこと あぜくらの集い 新春「笛」の演奏会 >>