大好きな能楽鑑賞から料理まで、日常さまざまの記録
by ginsuisen
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
イタリアン
お菓子
ロシア料理
パン
お店で食事
感激・舞台
散歩ほか
こんなことあんなこと
映画・本・美術館
家の食事
糖質制限
以前の記事
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
日々@好日
梟通信~ホンの戯言
La Vita Tosc...
素敵な50代主婦をめざし...
ふくよかさんがゆく
そぞろ歩きの記憶
いつも焼きたて
イタリア料理スローフード生活
excite以外の訪問ブログ
最新のトラックバック
「までい」に生きる食の愛..
from 梟通信~ホンの戯言
面「万媚」にしびれた「絵..
from 梟通信~ホンの戯言
カワユイ閻魔大王 狂言「..
from 梟通信~ホンの戯言
観るたびに楽しさが増す ..
from 梟通信~ホンの戯言
ライフログ
検索
タグ
(13)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
200812月に見たのは 能楽現在形と花供養
去年の年末に見たお能は、能楽現在形と花供養でした。

能楽現在形第7回@宝生 12月16日
お能は、片山清司さんの「芭蕉」。
この芭蕉というお能・・私には、以前見てはいるのですが、そのときの印象が、まったく欠落。
まだお能にはまってまもないころで、芭蕉は植物ではなく、人物のほうかと思ってで予習もせずにでかけたのだったと思います。すると、なんと植物?そして、植物が女性となる??のまま、頭は真っ白になってよくよく気持ちよく眠りについたことしか、おぼえていません。
で、以来、芭蕉は遠慮していたのでした。トホホ。そんな一抹の不安を抱えて行きました。
寒いでしたねー。

はじめは、居囃子 「三井寺」
六郎さんが名前を玄祥と変わっていました。なんかお坊さんのようですね。
この居囃子・・ 幸弘、ナリタツ、忠雄パパの囃子とともに、謡うのですが、
なんかすごーくよかったです。
お話の内容をとっさに思い出せなくて、ちょっと、あれー?だったのですけれど、
途中から、あーそうだった、母子が最後に会えるのだったと。

さて、さて、私には鬼門のこの日の芭蕉・・きれいでした。そして、とても艶がありました。
序の舞で、手をかざしたとき、大きな袖がかえると、それはまさに芭蕉の葉のように見えました。
こんど、芭蕉の葉陰の下に行ったら、声が聞こえるのではないかと思います。
パンフレットにある、萬斎さんと清司さんの対談を読むと、その清司さんの言葉が印象的です。

「中世には女人成仏のタブーがあるわけですが、そのこともあって人か草木か、いったいどちらかという存在となっている。けれど控えめに僧を口説いていくような、ところもないといけないと思うのです。」
「演じる側の一番の原点は、中世において女人成仏はなぜ出来ないのかという疑問を持っていて、草木に置き換えてでも少しでも成仏に近寄りたいと思っている、それを何層にも覆い隠して、やはり草木っぽく見えるところまで隠していかなければならない。しかし隠すなら初めから無くて良いのかというと、演じる側としてはどうなのかと疑問が出てくるのです。」

そして、父九郎衛門さんが、「なんで芭蕉なんや」と言ったというのもおもしろかったです。
能楽現在形がある意味で、マニアックな能会への道を歩んでいること。それは、プロデューサー、土屋さんと萬斎、広忠、幸弘の天才2世(政治家2世と違って、ちゃんと育っていることに感動!)たちの目論見なのでしょう。さて、さて、この3人の魅力で、能楽ファンをぐいぐい引っ張っていこうというのだろうな・・・・と思いつつ、寒い寒い宝生をあとにしました。
(この日、緒形拳さんの最後のドラマ・フジTV開局50周年記念番組「風のガーデン」の最終回だったのです。このドラマを見るたびに思いました。倉本聰って、やっぱりもう古いなーって。先の見える台詞、ありえない設定、ドウダドウダ的なお涙のおしつけにウンザリ・・しつつも、拳さんのドラマなので見たのでしたが。これに比べて、NHKの「帽子」はすばらしかったです。広島に行ったら、拳さんの帽子屋さんに会えそうな気がしました。あれれ、脱線してしまいましたね)。


花供養は、次に書きます。




片山清司さんが、パンフレットなの中で、さらに続けて言っています。
「能の啓蒙活動をしていくと何百人の人を相手にしますが、全部の人をつかまえることは不可能です。しかし、好きになるか、面白いか?という結論は僕は出せませんが、・・何人か「はまる」人がでてくる。~一人二人の興味ありそうな人を導入から丁寧に導いてあげてかき口説いていって、そこからまた多くの人に伝染させていかないと、今後は能のお客さんをつかむのは難しいと思うのです~」

「能は眠たい眠たい」とおっしゃっていたお客さんに、能舞台というのはすぐ上がれそうな程目の前にありますから、たとえば「井筒」なら、自分が紀有常の娘になった気分で、舞台上に上がったと仮想して、自分にこどばをかけてもらっていると思って、能に自分から参加してみたらどうか。そういう風にした方がその場に居やすいですよと申し上げたら、それではまってくれた型が何人かありました。意外と役者よりお客さんの方が役中の人物にどうかするという視点を持っている方が多いと思うんです」

萬斎が「芭蕉はそれが出来にくいのでは・」というと、
「そうですね・・」といいつつも「芭蕉も三輪も関わりたい女性と、関わることを恐れている男性とかいて、宗教的であるかどうかは別として、この作者(禅竹)は、女性が寄ってくるというところにこだわったんじゃないかと思っているんです。静かに静かに自分でも知らないうちに男性の懐に入っていくみたいなところが多少あるのではないかと思うのですが。

萬斎「禅竹の作品というのは、密室的なところがありますね。みんなで劇場で見るというよりは、個室でビデオを密かに見るといったイメージの能ですよね。

清司「絶対その通りです。能だからさらりと流すけれど、これって女性からのアプローチみないなものじゃないですか。毎晩ちょっとずつ近づいていって、今日は庵に入っちゃうっていうシチュエーションですから・

へ~へ~そうなことだったの~~!

それにしても、清司さん、すごい能楽師ですと感嘆しました。
絵本やいろいろな会を催して、能の啓蒙を長くしている清司さんならではの
考えがいっぱいつまっていて、読み応えのあるパンフでした
(なぜか文章からは萬斎さんが軽く見えてしまったけれど)。

そして、友枝さんのあとは、いずれ、天下を取るのは清司さんか、なんて思ってしまいました。
それを今、途中からでも、過程を見られる幸せよ!
あの京都の青海波は、光源氏でしたもの、本当に。
まちがえて、菊の枝を頭にかざしたのも、意味あったのかも~。

居囃子 三井寺

梅若玄祥
笛    一噌幸弘
小鼓  成田達志
大鼓  亀井忠雄
地謡 梅若晋矢 観世善正 山崎正道 柴田稔 川口晃平

能 芭蕉 /蕉鹿語
片山清司、宝生欣哉、野村萬斎
笛    一噌幸弘
小鼓  成田達志
大鼓  亀井広忠
地謡  西村孝雄 山崎正道 馬野正基  谷本健吾
     観世銕之丞 浅井文義 観世善正 清水寛二

後見 梅若玄祥 味方玄
[PR]
by ginsuisen | 2009-01-18 01:04 | 感激・舞台
<< 2008年の最後は 花供養 このごろはまってます >>